インテリアレッスン

インテリアレッスン38 七夕をモチーフに、遊び心溢れるランチテーブル

2018.07.03

  • facebook
  • line
  • twitter

指を切りやすい笹の葉は避け、あえて笹に似た葉を使用。星型の籠は「ハウス オブ ディオール ギンザ」で見つけたもの。


「イワキガラス」の蓋付きの煎茶碗を、小鉢代わりに。カットされたガラス蓋も、星の輝きを彷彿させる。

Tips4

籠に葉を敷いて器として使う


コーディネートを軽やかにしたい時におすすめなのが、籠を使うこと。

「色や柄ものを使ったセッティングは、ともすれば華やかになりすぎることもあります。そんな時、籠で素朴さを加味することで、少し力が抜けたリラックスした雰囲気になるんです」

多美保さんは、星型の籠にグリーンを敷いて、その中に前菜を盛ったガラス器を入れました。

中に盛っているのは、「大根おろし和え」。たくあん、きゅうり、しそ、茹でた鶏ささ身を、それぞれ細かくして大根おろしで和え、醤油とレモン汁をかけた、多美保さんがお母さまから受け継いだ夏レシピの一つです。

籠、グリーン、ガラスの組み合わせが、料理に清涼感を与えてより美味しそうに。

「籠に限ったことではありませんが、テーブルウェアは円形のものが多いですから、星型などの変わった形をちょっと加えることで変化がつき、単調にならないようにする効果もあるんですよ」



「箔一」の金箔を浮かべたグラスは、スウェーデンを代表するクリスタルブランド「オレフォス」製。



羽根は多美保さんが好きなモチーフの一つ。鳥柄のプレートやテーブルクロスの柄と呼応させている。

Tips5
きらめくアイテムで七夕気分を盛り上げる


七夕セッティングの仕上げは、羽根をモチーフにした銀色の箸置きを置き、大吟醸が注がれたグラスには食用金箔を浮かべて。

「星祭りとも呼ばれる七夕ですから、星のようなきらめきをプラスして。食卓のコーディネートは、少し離れた場所から見た全体の雰囲気も重要ですが、着席して食事が進んでいくと細かい所にも目が留まるものです。小さな部分にも、その日のテーマに沿うアイテムを重ねてゆくんです」

テーブルに表現された、星々が輝く天の川を眺めながらのランチタイムが始まります。

【連載】インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす
テーブルコーディネーターやインテリアスタイリストとして『家庭画報』のページを彩ってきた横瀬多美保さん。あらゆるものに美を見いだし、独自の感性でリュクスな空間を創造し続けてきました。そして今、しっくりくるのは上質でありながらもくつろぎ感のあるスタイル、といいます。〝生活の中に、美が息づく〟そんな日々の暮らしに豊かさを添える素敵なアイディアを巡ります。

横瀬多美保/Tamiho Yokose

インテリアスタイリスト
東京都生まれ。テーブルコーディネーター、インテリアスタイリスト。テーブルコーディネーターの故クニエダヤスエ氏に師事。女性誌や料理本、百貨店のディスプレイなどのスタイリングに携わる。新旧、和洋を自在に織り交ぜたモダンでエレガントなコーディネートに定評がある。『家庭画報』とのおつきあいは30年近く。流行や時代の変化をしなやかに受け止めながら、幸福感漂う美しい暮らしを提案し続けている。2018年4月より、コミュニティFM「渋谷のラジオ」にて、隔週水曜日12時30分~12時55分「渋谷のテーブル」にゲスト出演中。

『テーブルコーディネートから始まる 美しい暮らしのインテリア365日』 2019年10月2日発売!

『家庭画報』をはじめとする女性誌で活躍する、インテリアスタイリスト・横瀬多美保さん。ご自身の1LDKでの暮らしを1年間にわたり追った『家庭画報.com』の人気連載が、ついに一冊の本になりました。コーディネートの組み立て方、“自分らしい”空間の作り方も初公開! 今すぐ活用できる暮らしのtipsが満載です。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 15

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 15

他の星座を見る