カルチャー&ホビー

大人検定365 宝石に使われる「カラット(ct)」とはもともと何の重さ?

2018.08.08

  • facebook
  • line
  • twitter

【問題】ダイヤモンドなど宝石の重さを表す単位「カラット(ct)」について、正しい説明はどれでしょう?


(1)人工の重量で0.2gを1ctとした
(2)カロブという植物が語源
(3)カラットという人が決めた

答えはなんと2です。通称カロブ(キャロブ)と呼ばれる植物の種が、異常なまでに1粒の重量が均一なので秤の錘り(分銅)にした、という伝説からカラットという言葉が使われたということになっています。


この古い時代のカラットの実際の重さは、国や都市によって異なり、だいたい195~205mgとさまざまでした。

それでは実用上困ることが多かったために、次第に各国で200mg、つまり0.2gに統一され、今ではメートル法によって1ct0.2gに制定されています。

カラットよりも小さい単位は、ポイントと呼ばれ1ct=100ポイント、ですから日本の婚約指輪の平均重量である0.2~0.3ctのダイヤモンドは、20~30ポイントの石ということになります。

【答え】(2)


大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 の記事をもっと読む
賢くジュエリーを買うには?連載ジュエリーお買い物学を読む

写真/PIXTA 文/山口 遼(宝石・宝飾史研究家)
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 01

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 01

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事