• TOP
  • インテリア
  • 【ミラノデザインウィーク2024】パオラレンティとnendo(ネンド)佐藤オオキとの初コラボレーションが実現

インテリア

【ミラノデザインウィーク2024】パオラレンティとnendo(ネンド)佐藤オオキとの初コラボレーションが実現

2024.07.09

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕ミラノデザインウィーク探訪 ミラノサローネとは、「ミラノサローネ国際家具見本市」の通称です。年間わずか6日間の家具の見本市が、組織的には無関係のミラノ市内のデザインイベント「フォーリサローネ(サローネの外)」の活動を促し、「ミラノデザインウィーク」と呼ばれる“世界最高峰のデザインの祭典”を生み出すことになりました。ミラノがなぜ「世界のデザインの首都」になりえたのか。その答えを求めて、世界最大の家具見本市と世界のデザイン潮流を牽引するキーパーソンを探訪。その謎を紐解いていきます。前回の記事はこちら>>

特集「ミラノデザインウィーク探訪」の記事一覧はこちら>>>

【Paola Lenti & nendo(パオラレンティ)】
奇才nendo(ネンド)佐藤オオキとの初コラボレーション

4000平方メートルものミラノ初の旗艦店オープンを、新作発表の場に重ねたパオラレンティ。

庭園や温室をも含む大空間は、自然と人工環境の調和を試みるブランド哲学を集約させたもの。随所に色彩豊かな新作の心地よさが漂い、まさに都会のオアシスそのものでした。


アウトドア家具は、グリーンルーフ、トロピカルパティオなど異なる6つの庭で紹介。

特に注目を集めたのは、余剰素材に命を吹き込む「MOTTAINAI」プロジェクトの第2弾、ネンドによる「Hana-arashi」。

佐藤オオキ氏。モノクロームな作品を特徴とするnendoにとって、今回の色彩豊かなプロジェクトは異例の挑戦。単一素材、高周波熱圧着加工という単一工程だけで実現した「Hana-arashi」は、チェアとプフ、ランプ、バスケットで構成。

nendo 佐藤オオキ
デザインオフィスnendo代表。建築からプロダクトまで、幅広い分野で活躍。東京2020五輪の聖火台デザインのほか、現在は仏高速鉄道TGV新型車両のデザイン、2025大阪・関西万博日本政府館総合プロデューサーも担当。


「色をトレンド的手段ととらえる他社と違い、自然との調和を軸に積極的に使うパオラレンティ。その視線とタイムレスなもの作りに共感しました」と佐藤氏。

新チューブコードMossで新装した「Ami」。© Sergio Chimenti

桜を着想源に、満開と散りゆく美の物語を、製品とその廃材に重ねて表現。縫製も接着剤も不要で溶着できる素材特性を生かし、花弁のような端材を重ねたフワッと軽快な表現が見事です。

「儚さに美を見出す日本的美意識がヒントを与えられたら」。

敷地内では、nendoの個展「nendo:whispers ofnature」も開催。雲、光や影といった見逃しがちな自然現象を形にした5 つのコレクションを展示。

パオラレンティ ジャパン https://www.paolalenti.jp

(次回へ続く。この特集の一覧>>

取材協力:ミラノサローネ国際家具見本市 https://www.milanosalone.com/

この記事の掲載号

『家庭画報』2024年07月号

家庭画報 2024年07月号

Photo/Leo Pellegatta Coordination/Kayo Tokunaga Text/Kayo Tokunaga

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 13

他の星座を見る