• TOP
  • 美容
  • 色はブラウンレッドとピンクベージュを。尾花ケイコさんに聞く「リップ」の選び方と塗り方のコツ

美容

色はブラウンレッドとピンクベージュを。尾花ケイコさんに聞く「リップ」の選び方と塗り方のコツ

2024.03.11

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕塗るほど老けるを解決する「メイク“強化”レッスン」 第5回 ひととおり塗っても化粧映えしない、気合いを入れてメイクするとかえって年齢感が出てしまうなど、加減の難しさを実感している方も多いはず。魅力を最大限に引き出すメイク強化術の極意をプロに学びます。前回の記事はこちら>>

メイク効果が出やすいパーツこそ色と質感を正しく選んで洗練感をアップさせましょう

●教えてくれた方
ヘア&メイクアップ アーティスト 尾花ケイコさん 
2002年にヘア&メイクアップアーティストとして活動開始。10年よりヘアメイク事務所PINKSSIONを主宰。雑誌、広告、化粧品開発等で活躍。美眉の伝道師としても知られる。著書多数。

鮮やかなカラーの口紅はひと塗りで華やぎを与えてくれるメイク効果の高いアイテムですが、口紅だけが浮いて見えたり、年齢でやせてきた口もとの寂しさがかえって強調される可能性もあります。「大人の女性ならではの豊かな美しさを感じさせるリップメイクに仕上げるには、口紅の色と質感をしっかり吟味する必要があります」と尾花さん。


おすすめの口紅は濃い色ならブラウンレッド。「赤の肌映え効果を持ちつつ、顔になじんでこなれた感じに。ほんのりツヤを内包した、潤い感のあるソフトマットの質感がトレンドです」。なじみ色なら艶やかなピンクベージュ。「オーバーリップの輪郭をとってから厚みを持たせて塗ると、唇のボリューム感がぐっと増して一気に華やかな印象になります」。

モードなブラウンレッド

ジャケット8万5800円/エムティーモデリスト ピアス38万7200円 リング50万1600円/ともにTASAKI

「モードなブラウンレッド」

濃いリップはソフトマットの質感が洗練モードの鍵。肌はその対比でツヤのあるベースメイクでバランスよく仕上げます。口もとが引き締まって見える色なのでライナーで輪郭はとらず、口紅もオーバーリップを意識して、ふっくらとした印象を目指しましょう。

必須アイテム

必須アイテム ソフトマットな質感のリップスティック
深みがありながらも沈まない気品のブラウンレッド。軽やかなつけ心地で内側から滲み出たように色づきます。ルージュ・ジバンシイ・シアー・ベルベット 50 5500円/パルファム ジバンシイ

リップブラシ
表面加工が施された極細毛が口紅をよく含んで鮮やかな発色を叶えます。適度なコシとしなやかさで描きやすい。リップブラシ3080円/コスメデコルテ

唇の内側から軽くじか塗りする 唇の内側から軽くじか塗りする
輪郭付近に口紅の塗布膜の厚みが出ないよう、内側から塗り始め、ブラシで外へ広げていきます。

リップブラシで輪郭をやわらげる リップブラシで輪郭をやわらげる
上唇の山は鋭角にせず柔らかな曲線に。口角から山へのラインもふっくらと丸みを。

撮影/資人導〈SEPTEM〉(人物) 小池紀行〈CASK〉(静物) ヘア&メイク/尾花ケイコ スタイリング/馬渕友野(人物) 高橋尚美(静物) モデル/Atsuko 取材・文/佐藤由喜美

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 28

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 28

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事