• TOP
  • 健康
  • 「緑内障」のリスク要因と予防法。簡易検査を過信せず、眼科で検査を

健康

「緑内障」のリスク要因と予防法。簡易検査を過信せず、眼科で検査を

2024.03.14

  • facebook
  • line
  • twitter

サイレントキラーの病に備える 第3回(2)視野が欠けて見えにくくなる緑内障は目のサイレントキラーです。さらに、緑内障は生活の質を下げ、フレイル、うつ、認知機能の低下も引き起こします。その病態や原因、早期発見について、日本緑内障学会理事長である東京大学大学院医学系研究科眼科教授の相原 一先生に伺います。前回の記事はこちら>>

“気づいたときには手遅れ”にならないように「緑内障」

[お話を伺った方]相原 一先生相原 一先生

東京大学大学院医学系研究科 外科学専攻 眼科 教授
相原 一先生

あいはら・まこと 1989年東京大学医学部卒業。米国カリフォルニア大学サンディエゴ校ハミルトン緑内障センターに留学、主任研究員としてマウスの緑内障モデルの確立や緑内障の点眼薬の開発に関わる。帰国後、東京大学医学部眼科講師、同准教授、四谷しらと眼科副院長を経て、2015年から現職。20年から日本緑内障学会理事長。

見え方を脳が補正するため視野の欠損には気づきにくい。定期的に眼科で検査を受けることが重要

緑内障は、房水の滞留の原因によって、閉塞隅角緑内障と開放隅角緑内障の大きく2つのタイプに分けられます。

加齢などによって水晶体が厚くなり、虹彩が押されて隅角が狭くなったために房水が隅角付近で滞留してしまうのが閉塞隅角緑内障です。一方、房水が線維柱帯で目詰まりするのが開放隅角緑内障で、特に開放隅角緑内障には多くのタイプがあり、治療方針も異なります。


緑内障のリスクを上げる要因としては、加齢のほかに、近視、白内障、網膜剝離、目の外傷、角膜やぶどう膜などの目の病気、網膜を傷める糖尿病などが知られています。
正常な房水の流れ

正常な房水の流れ

房水は毛様体で作られ、隅角を通って線維柱帯に流れ込み、シュレム管を経て目の外の静脈に吸収される。イラストにある目の下部だけでなく、角膜の周辺にある隅角360度で同様の流れがある。閉塞隅角緑内障

閉塞隅角緑内障

遠視の女性など、もともとの目の構造上で隅角が狭い場合、加齢などによって水晶体が厚くなり、虹彩が押されてさらに隅角が狭くなる。そのため、房水が徐々に流れにくくなったり、急に流れなくなったりする(急性緑内障発作)。開放隅角緑内障

開放隅角緑内障

線維柱帯が目詰まりしているために房水が流れ込みにくく、前房内に残って眼圧を上げてしまう。

イラスト/にれいさちこ 取材・文/小島あゆみ

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 18

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 18

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事