• TOP
  • アート
  • 若手仏師による「十一面観音像」の新調奉納。京都・仁和寺にて、次世代アーティスト支援の特別企画展

アート

若手仏師による「十一面観音像」の新調奉納。京都・仁和寺にて、次世代アーティスト支援の特別企画展

2024.02.09

  • facebook
  • line
  • twitter

京都で仏師として活動する坪田和紗さんが新調した十一面観音菩薩立像

京都御室仁和寺の黒書院にて「十一面観音菩薩立像 新調奉納記念 特別企画展」が2024年3月18日(月)~20日(水・祝)に開催されます。京都の若手仏師が制作した十一面観音像の新調奉納を行う、開眼法要に合わせた記念特別企画展です。

仁和寺 御室成就山八十八ヶ所霊場 第32番札所 禅師峰寺のご本尊、「十一面観音菩薩立像」を新調したのは、京都で仏師として活動する坪田和紗さん。

十一面観音菩薩像の新調のためには、貴重な古材が使用され、また、破損した状態で保管されていた小さな弘法大師坐像も同時に、現状の風合いを活かす技法を用いて修復が施され、2024年3月に、両像ともに完成・奉納されます。 


両像がお披露目される特別企画展では、2体の仏像に関する資料、十一面観音菩薩像・弘法大師坐像の制作・修復の経緯や過程、伝統技術の紹介などがパネル形式で展示されます。

また、この企画展のために特別に制作した室内飾御守『訶梨勒(カリロク)』も出展。坪田さんが仏師の仕事を通して捉えた根源的な信仰心の在り方、伝統工芸技術の魅力について、より身近に感じられる空間を書院内に演出します。縁ある作家(日本画 田村葵さん、ガラス絵 鞠川恵子さん、タッセル 町田美千代さん〈サリータッセル〉)の作品群と共に、作家によるワークショップや裏千家正教授監修による呈茶席も併設。仁和寺が掲げる芸術推進、次世代若手アーティスト支援の一環としての特別企画展となっています。

暖かい春の日差しを感じる3月に、十一面観音菩薩像に会いに京都の御室仁和寺へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

十一面観音菩薩立像 新調奉納記念 特別企画展
期間:2024年3月18日(月)~20日(水・祝)
場所:京都御室仁和寺・黒書院(京都府京都市右京区御室大内33)
TEL:075-461-1155
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 22

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 22

他の星座を見る