• TOP
  • 国内
  • 皆川賢太郎さんが語る「安比高原を、アジア屈指のスノーリゾートに」

国内

皆川賢太郎さんが語る「安比高原を、アジア屈指のスノーリゾートに」

2024.02.13

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕世界の社交場を訪ねて──華麗なるウィンターリゾート 冬のリゾートは、社交の舞台であり、家族団らんの場であり、そして一人静かにリフレッシュするリトリートの場でもあります。ウィンタースポーツだけでなく、絶景を眺めながらレストランで食事をしたり、スパで心身を休めたり……。子どもから大人まで、誰もが忘れられない体験ができる、銀世界のリゾートへとご案内します。前回の記事はこちら>>

・特集「華麗なるウィンターリゾート」の記事一覧はこちら>>

世界に誇る日本のパウダースノーを楽しむ

北海道や岩手、長野の雪山やスキー場は、世界中のスキーリゾートを知り尽くした富裕層のスキーヤーをも魅了しています。2000メートル級の山に登らずとも、これほど手軽に、最高のパウダースノーと出合えるところは、ほかにはないからです。温泉や美食のレストランも揃い、冬の自然の恵みが溢れる、ウィンター・リゾート王国へと進化しています。

皆川賢太郎(みながわ・けんたろう)さん

元アルペンスキー日本代表 岩手ホテルアンドリゾート顧問 兼 リゾートカンパニー カンパニー長

1977年新潟県生まれ。アルペンスキー日本代表として冬季五輪に4大会連続出場。2006年トリノ五輪で4位に入り、日本人として50年ぶりの入賞を果たす。一般財団法人「冬季産業再生機構」会長も務め、日本のスキー場の再興や雪資源を守る活動に尽力している。

安比高原を、アジア屈指のスノーリゾートに

「パウダースノーに恵まれ、多彩なコースを備える安比高原スキー場は、今、さらなるラグジュアリー化を進めています。キャット(雪上車)で山頂に登ってのパウダーエリアでの滑走や、大自然の中スノーシューでの散策は、雪と触れ合う楽しみをより広げてくれるのではないでしょうか。

今季より導入されたリフト券「ブラックパス」(大人1日3万3000円)ではリフトの搭乗やフードコートの優先に加え、朝一番のファーストトラックでの滑走も可能。

写真家の蜷川実花氏の作品によるアートゴンドラも。

今季はハイエンドモデルのスキーアイテムのレンタルなどを行うエグゼクティブラウンジもオープンしました。これまで世界1800以上のスキー場で滑ってきましたが、安比高原スキー場には世界のスキーリゾートと肩を並べられる可能性や魅力が十分にあると感じています」

日本初のラグジュアリー・レンタルステーションには、スキーやスノーボードの新作モデルが並ぶ。



(次回へ続く。この特集の一覧>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2024年02月号

家庭画報 2024年02月号

撮影/阿部 浩 取材・文/清水井朋子

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 03

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 03

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事