カルチャー&ホビー

七十二候「魚氷上」とは?春の到来を告げる魚の姿【季節のクリッピング】

2024.02.08

  • facebook
  • line
  • twitter

連載「季節のクリッピング」2月 立春・末候

魚氷上(うお こおりに のぼる)

選・文=平井正則(日本暦学会会長)

一年を春夏秋冬の四つの季節に分け、それぞれを六つに分けた二十四節気。さらに生活の細かい季節変化を示すため、節気を初・次・末(ほぼ、5日毎に)と三分割して、設けたのが七十二候である。節気の「気」、七十二候の「候」は「気候」の語源だという。

「魚氷上(うおこおりにのぼる)」七十二候立春・末候(2月14日から18 日)。初春を迎え、薄くなった氷の割れ目から小さな魚が飛びだし、氷面を跳ねて、春の到来を告げる。この魚とは、岩魚、白魚、山女魚などのことだという。小さくて、真っ白なおなかをみせて跳ねる姿は、待ちわびる人々の春の予感に応える。



〈作品〉制作・撮影= 岡本なう(洗濯バサミフォトグラファー)
約90個の洗濯バサミを挟み合わせた雄の雉。胴体の中心から3色の洗濯バサミを使いグラデーションを出しました。羽の表面についているのはガーデニング用の洗濯バサミです。実際に野生の雉が出ることもある自宅の庭で撮影。


この連載の一覧へ>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2024年02月号

家庭画報 2024年02月号
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事