• TOP
  • 美容
  • 贅を極めた「SENSAI」のローションとエマルジョン。山形由美さんがお試し

美容

贅を極めた「SENSAI」のローションとエマルジョン。山形由美さんがお試し

2024.02.05

  • facebook
  • line
  • twitter

ラグジュアリーの真実 2月「SENSAI」 ビューティーアンバサダーが、話題の美容新商品をお試し。それぞれの視点から語られるレビューや、美しく輝き続けるための美容秘話は必読。今月のビューティアンバサダーは、フルーティストの山形由美さんです。前回の記事を読む>>

贅を極めたスキンケアで肌を慈しむ幸福感。絹のようにしなやかで艶やかな肌に
──山形由美さん

日本の感性と科学が融合したラグジュアリースキンケアとして、欧州で長年愛されてきた「SENSAI」。

私にとっては今回が初めての出会いでしたが、繊細という美しい日本語に由来するブランド名、日本古来の小石丸シルクや桜のエキス、贅沢な使い心地など、そこかしこに日本の美意識や豊かさ、ブランドのこだわりが感じられ、すぐに魅了されました。

ローションに2つのテクスチャーが揃っているのも、化粧水を重視する日本のブランドならではの特徴でしょうか。


Ⅰはさらっとみずみずしいテクスチャーで、しみ込んでいくような心地よさがあり、シャキッと目覚めたい朝のお手入れに使うのが気に入っています。

Ⅱはリッチなとろみがあり、きめがふっくらと潤うので夜のお手入れに。季節によって使い分けてもいいですね。

化粧水はお手入れのファーストステップとして一番大切にしているアイテム。手にとって、まずはこのエレガントな香りを十分に感じてから、丁寧に押し込むようにつけています。

甘美なテクスチャーと香り。繊細なこだわりを感じる使い心地です

エマルジョンはこくがあってまろやか。よくのびて指の滑りもいいので、おのずと丁寧な動作になりくるくると軽くマッサージしながらなじませています。

ベタベタせず軽やかな使い心地なのに肌がもっちりと弾むように潤って、表面は柔らかなシルクヴェールをまとったように。

2つのステップでここまで高い満足感を得られるのは素晴らしいですね。

年齢を重ねた肌には上質なデイリーケアの積み重ねこそが大切だとあらためて感じています。

まるで工芸品のような美しいガラスボトルも好きです。心地よい重量感があり、掌(たなごころ)にぴたりと収まってふたも開けやすい。

美しさと実用性を兼ね備えていますね。

また、このボトルの一部にリサイクルガラスが使われているほか、配合成分や外箱などでもSDGsに取り組んでいるとのこと。

時代に即した新たな贅沢の形に共感を覚えます。

(語り:山形由美さん)

SENSAI

SENSAI
UTM ザ ローション Ⅰ 125ml 2万8600円
UTM ジ エマルジョン N 100ml 4万2900円

ハリ艶のシルクスキンを紡ぐ至福のお手入れ

日本の繊細な美意識が集約されたSENSAIは、欧州を中心に長年にわたってラグジュアリービューティの世界に影響を与え続け、2019年に凱旋上陸したプレステージブランド。

UTMはその最高峰シリーズです。肌の健やかさを保つ細胞内外の“環境”を整える重要性に着目し、先進的なテクノロジーで美しさへの願いに応えます。

肌感性に響く巧みなバランスのテクスチャーは、ブランドが培ってきた乳化技術の集大成。フレグランスのように優雅に移り変わる花々の香りとともに、心まで豊かに満たします。

お問い合わせ/カネボウ化粧品 TEL:0120-518-520

山形由美さん

山形由美さん

ピアス34万3200円/ニナ リッチ(エスジェイ ジュエリー)リング48万9500円/キノシタパール

フルート奏者として世界的に活躍。4月20日(土)に「藤沢リラホール」で荘村清志さん(ギター)とのデュオリサイタルを開催。

・記事一覧はこちら>>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2024年02月号

家庭画報 2024年02月号

撮影/戸田嘉昭〈パイルドライバー〉(静物) 富田眞光〈vale.〉(人物) スタイリング/高橋尚美(静物) 松田綾子〈オフィス・ドゥーエ〉(人物) ヘア&メイク/黒田啓蔵〈Iris〉 取材・文/佐藤由喜美

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事