きものダイアリー

着付けで損しているかも?ほっそり見えを叶えるお太鼓の位置と大きさ

2023.12.27

  • facebook
  • line
  • twitter

シリーズ4冊が好評発売中の「いちばん親切な着物の教科書シリーズ」(世界文化社)より、新春から役立つ着物知識を全10回でお届け。第10回は最新刊、カリスマ着付け師の大久保信子さんによる『人に着せる着付けと帯結び』から一部を抜粋して、自分が着るときにも役立つ、年齢に応じた着付けのコツをお届けします。前回記事はこちら>>

年齢・体型に応じてお太鼓の高さを決めます

監修=大久保信子

お太鼓の山線は高いほど若々しく豪華に、下げると落ち着いた雰囲気になります。山線の高さは背紋の位置を目安にするといいでしょう。

帯枕の厚みが合わない場合、枕が薄ければタオルを巻き付け、逆に厚すぎるときは手ぬぐいを丸めてちょうどいい厚さにしてからガーゼでくるんで代用するか、帯枕の天地を逆にします。

山線の高さは背紋の位置を目安に

背紋のすぐ下
振袖や豪華な柄の訪問着を着付けるときは、高めに結ぶと華やかな雰囲気になります。

衿付けから山線のほぼ真ん中に背紋
ヒップラインが下がり、背中の肉付きもよくなる中年以降は、低めにして体型カバー。

背紋よりもかなり下
60代以降は帯枕も薄くして低めに結ぶと体型カバーだけではなく、こなれた雰囲気にも。

大柄な人やふくよかな人ほどお太鼓を大きく、「て」を長めに

大柄な人やふくよかな人ほどお太鼓を大きく作って背中の面積を小さく見せます。また通常「て」はお太鼓の端から2〜3センチ出し、て元は際から裏側に入れ込みますが、て元を3〜4センチ出すことで体の横幅とのバランスも取れます。

△お太鼓が小さい(左)と、背中にしょっている感が否めず、ヒップラインも強調されています。
◎お太鼓がちょうどいい大きさ(右)だと、ヒップラインが隠れて腰回りがほっそりと見えます。

△「て」の長さが通常通り(左)の場合、体の横幅に比べると、お太鼓が小さく見えてしまいます。
◎長めに「て」をとる(右)と、お太鼓の横幅が出るため体の横幅を強調しません。


年配の方であればあえて、て元を斜めに形作ると、こなれた雰囲気に。て元の上線をお太鼓から2 〜3センチ出して斜めに形作ります。

●大久保 信子
着物スタイリスト、江戸着物研究家、NHK文化センター青山教室講師、三越日本橋本店三越カルチャーサロン講師。きもの雑誌やテレビ・CMで多くの女優の着付けを担当。絶大な信頼を得ている。

いちばん親切な着物の教科書シリーズ
『人に着せる着付けと帯結び』


カリスマ着付け師・大久保信子さんが、とっておきのノウハウを大公開!

着物姿を最終的に決めるのは「着付け」です。衿合わせや抜き加減、帯位置や裾合わせで随分と印象が変わります。着る人の魅力を最大限に引き出し、動きやすく楽な着付けに定評のあるカリスマ着付け師・大久保信子さんが、プロの技や道具を惜しみなく公開します。1980円(世界文化社)
Amazonで詳しく見る>>

「いちばん親切な着物の教科書」シリーズとは
“いちばん親切な着物の本”にこだわった世界文化社の「着物の教科書」シリーズ。『着物入門』、『着物の着付けと帯結び』、『着物の髪型』、『人に着せる着付けと帯結び』が絶賛販売中。

本書を1名様にプレゼントします

『人に着せる着付けと帯結び』を1名様にプレゼントします。
 応募締め切り:2023年1月10日まで

ご応募はこちらから>>
会員登録のお願い
応募には、家庭画報.ドットコムの会員登録(無料)が必要です。
この度、皆さまにより快適に家庭画報ドットコムをお楽しみいただけるよう、ウェブサイトをリニューアルいたしました。これに伴い、会員システムも新しくなりました。旧システム(2023年8月28日まで)にご登録いただいた方におかれましても、大変お手数ではございますが、下記リンクより再登録をお願いいたします。

家庭画報ドットコム会員(無料)に登録する>>

会員についてのQ&Aはこちら>>

 注意事項(必ずお読みください)
・当選の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。抽選結果に関するお問い合わせはお答えしかねます。
・住所不明・長期不在等で届かなかった場合は、当選を無効とさせていただきます。

撮影/岡田ナツ子(Studio Mug)

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事