• TOP
  • 美味手帖
  • 漆の町・輪島の銘菓「栄煎堂」のしおせんべいと 「柚餅子総本家中浦屋」の丸柚餅子

美味手帖

漆の町・輪島の銘菓「栄煎堂」のしおせんべいと 「柚餅子総本家中浦屋」の丸柚餅子

2023.11.08

  • facebook
  • line
  • twitter

故郷の美味土産「私のイチ押し」

日本は、北から南まで美味手土産の宝庫。ここでは、ゆかりのかたがたが、故郷や移住先の自慢の品を、皆さまへお届けします。そこには、その土地ならではの美味とともに、温かな想いが込められていました。
特集「家庭画報」の手土産2023 前回の記事はこちら>>

【石川】
赤木明登さん(塗師・輪島市在住)が推薦
「栄煎堂」のしおせんべいと、「柚餅子総本家中浦屋」の丸柚餅子(ゆべし)

赤木明登さん
岡山出身の赤木明登さん。『家庭画報』の編集者時代に、漆芸家・角 偉三郎の作品に魅せられ、35年前に輪島に移住。輪島を代表する塗師となり、若手漆職人の育成にも尽力している。2023年7月にオーベルジュ「茶寮 杣径(そまみち)」(https://somamichi.jp)をオープン。

輪島が誇る歴史と伝統の香り

艶やかな飴色の丸柚餅子は、スライスしてそのままいただく(手前)。しおせんべいは、周りのはみ出した部分のパリパリの食感も美味(奥)。赤木さんの新作の器に盛って。

全国で展覧会を開き、各地へ出向くことも多い塗師の赤木明登さんの手土産は、漆の町・輪島を代表する銘菓。


「塩煎餅は、かつてそうめんの一大産地であった輪島ならではの特産品。そうめんを干す過程でできる切れ端を練り直して作られました。丸柚餅子は、江戸後期、半工半商といって、自ら製造した器を各地へ訪れて売り歩く輪島塗の塗師・行商人が保存の利く土産として携行したもの。どちらも輪島の歴史が詰まったソウルフードで、今も昔ながらの手作業で製造されています」。

小麦粉、塩、水で作る生地に昆布やナッツなどの具をのせ、手作業で焼き上げた栄煎堂のしおせんべい。奥能登の家庭では昔からお茶請けとしてなじみ深く、その堅さもくせになる。

北海道産の昆布は、一枚一枚手作業でのせ、230度の鉄板で焼成。昆布からしみ出るだしがうまみを引き立たせる。

輪島そうめんは漆器産業が盛んになったため衰退しましたが、塩煎餅は名物として残ったというのも歴史の妙。また丸柚餅子は、全国を回り、最先端の流行に触れた行商人が地元菓子屋に指示を出し、作らせたという洗練の菓子。

明治43年創業中浦屋の本店前で、「晩秋になると、この朝市界隈は柚子の香りが立ち込め、もうすぐ冬だなと感じます」と話す赤木明登さん(右)と中浦屋4代目の中浦政克さん(左)。

昭和15年に柳 宗悦が輪島を訪れたときに日本一と称賛したという逸話もあり、赤木さんもお茶を嗜むかたへの進物とすることも多いそう。さりげなく土地の物語を添えてお渡しします。

程よい塩味がくせになる「栄煎堂」のしおせんべい

薄塩味で、能登ではお酒のつまみとしても定番。現在は、そうめんではなく、小麦粉から作る煎餅は、中森 治さん、虎太郎さん親子が日々、香ばしい焼き加減にこだわって製造している。

塩三味ミックス(昆布・ごま・ピーナッツ各3枚入り)605円
能登一円のスーパーや道の駅で購入可、全国発送可(電話にて)
TEL:0120-36-1412 日曜定休

「柚餅子総本家中浦屋」の滋味溢れる丸柚餅子

高知の契約農家から仕入れた柚子を手作業で中身をくり抜き、砂糖、醬油などで調味した餅だねを詰めて蒸し、半年間の自然乾燥を経て完成する。料理の食材として、またお酒やチーズとの相性も抜群。

丸柚餅子(中)2376円、(大)2700円
わいち本店:石川県輪島市河井町4部97番地 TEL:0768(22)0131
@nakauraya
(営)8時~18時 全国発送可(店頭、電話、FAX、オンラインにて)

特集「家庭画報」の手土産2023の記事一覧はこちら>>>

特集内でご紹介する商品の情報、価格は2023年9月10日現在のものです。 事情により内容が変わる場合があります。 掲載価格に別途送料や包装料などがかかる場合があります。

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年11月号

家庭画報 2023年11月号

撮影/本誌・坂本正行 西山 航 フードスタイリング/福岡直子

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 28

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 28

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事