• TOP
  • ファッション
  • 篠山紀信さんが撮る時代の主役たち。宮﨑あおいさん「昔は人見知りでしたが、今はウエルカム!全開です」

ファッション

篠山紀信さんが撮る時代の主役たち。宮﨑あおいさん「昔は人見知りでしたが、今はウエルカム!全開です」

2023.10.25

  • facebook
  • line
  • twitter

トップブランドの秋冬コレクションをまとって オーラを放つ時代の主役たち その生き生きとした姿を目にするたび、胸が高鳴るそんな圧倒的なオーラを放つ時代の主役が、トップブランドの秋冬新作コレクションを着こなす様を、篠山紀信さんが撮り下ろしました。跳動感溢れる写真とインタビューに“今”が光ります。この特集の記事一覧へ>>

オーラを放つ時代の主役たち・宮﨑あおいさん

フォトギャラリー(3点)を見る>>
Hermès

Hermès「8年ぶりの篠山先生との撮影、嬉しかったです。素敵なお洋服を着させていただきカメラの前に立つのは楽しい時間でした」。ウールフランネルのダブルスカーフを施したコートには、ブロンドベージュの梳毛カシミヤとモヘアを使用。コート180万4000円 パンツ32万4500円 イヤーカフ95万2600円 ピアス60万9400円 リング130万9000円 靴36万9600円/すべてエルメス(エルメスジャポン)

「仕事の現場は皆で作る場所だから、真摯に向き合いたい」──宮﨑あおい

春の柔らかな日差しのような、あるいはそよ風のような。宮﨑あおいさんがスタジオに入ってきただけで、部屋の空気がふわっと一変しました。2023年9月29日に最終回を迎えた、NHK連続テレビ小説『らんまん』では語りを担当。心へスッと届く優しい声に、毎朝癒やされていたかたも多いのではないでしょうか。

同じくNHK『純情きらり』でヒロインを演じたのが2006年、大河ドラマ史上最年少の22歳で主演を務めた『篤姫』が2008年。20代前半にして国民的女優となった宮﨑さんですが、ちょっとはにかむような笑顔と柔らかな眼差しは変わらないまま。撮影の合間も笑い声が絶えず、幸せオーラがほんわか溢れ出しています。

Celine

Celine「ミニ丈で足を出すのは抵抗がありますが、ミニとロングブーツのバランスなら年齢を重ねても素敵ですね」。2000年代インディーズロックミュージックとそのファッションへのオマージュ。レザージャケット64万9000円 ミニドレス32万4500円 ハット12万1000円 靴24万7500円 イヤリング7万5900円(すべて予定価格)/すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌジャパン)

「昔は人見知りでしたが、今はウエルカム! 全開です(笑)」―宮﨑あおい

しかし宮﨑さんいわく、以前は誰とでもすぐに仲よくなれるような、オープンなタイプではなかったといいます。


「昔は人見知りだったんです。でも今は全開(笑)。家族ができて、家族が増えて、世界が変わりました。いつでもどうぞ、ウエルカム! みたいな性格に変わった気がします」。

4歳で仕事を始めてから30年以上。女優、語り、モデルなど多彩に活躍してきましたが、「今の私にとってベースは家族」と語るその笑顔から、子育てと仕事をバランスよく、暮らしている様子が伝わってきます。

「目の前の子どもたちの成長を見ているのが楽しいですし、今はそこがいちばん大事です。大切なものが落ち着いて整って幸せだからこそ、お仕事にも集中できるので。でも、現場ではお母さんの仕事とはまた違う必要のされ方、役割がある。いただいたお仕事には真摯に向き合いたいと思っています」

Valentino

Valentino「シャツもスカートも身頃がタイトで、シルエットが綺麗です」。シャツに施された刺繡は、クチュリエならではの高い技術が見え、繊細な美しさ。首もとに合わせたネクタイが効いています。シャツ64万9000円 ドレス110万円/ともにヴァレンティノ タイ 6万500円 靴15万9500円 バッグ39万500円 ピアス8万8000円/すべてヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

Netflixで配信予定の『クレイジークルーズ』は吉沢 亮さんとのW主演。「豪華な世界観!」とのこと、期待が膨らみます。

「のんびりお仕事させていただいていますが、たまにお目にかかれるときには皆さんにとって楽しい時間になる作品に出演させていただいていると思います。ライフスタイルの変化に柔軟に対応しながら、重ねてきたお仕事のご縁を大切に、いい40代に向かっていきたい。人生経験が毎日増える今、とても楽しいです」

宮﨑あおいさん

1985年東京都生まれ。4歳で子役デビュー。ドラマ、映画、語り、舞台、CMなど多くに出演。受賞も多数。30年を超すキャリアで特に心に残る出会いは、『EUREKA』の青山真治監督(2022年逝去)と『篤姫』。「映画の世界に生きる素敵な大人たちに、14歳で出会えたことを感謝しています。『篤姫』に関われたことは今も誇らしく思います」。2023年『クレイジークルーズ』がNetflixにて配信予定。

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年11月号

家庭画報 2023年11月号

撮影/篠山紀信 スタイリング/Baby Mix ヘア&メイク/小西神士 取材・文/小松庸子

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 18

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 18

他の星座を見る