• TOP
  • 健康
  • がんの経過観察中や、術後でも受けられる。活用したい「緩和ケア外来」

健康

がんの経過観察中や、術後でも受けられる。活用したい「緩和ケア外来」

2023.11.14

  • facebook
  • line
  • twitter

患者自身が持っているセルフケア能力を引き出し、自分らしく生きられる支援を

緩和ケア病棟と在宅緩和ケアで最期まで苦痛のない暮らしを

終末期を対象としたサポートには「緩和ケア病棟」と「在宅緩和ケア」があります。「苦痛の緩和に特化した治療が行われる緩和ケア病棟ではがん治療を終了している場合に限り入院できます」と里見先生は利用時の注意点を説明します。ここでは看取りまで対応するほか、苦痛症状を和らげる治療を行い、在宅サービスを整えたうえで退院を目指すこともあります。

一方、「がんの症状がかなり進行してくると、担当医から在宅緩和ケアをすすめられることもあります」と里見先生。その場合、治療をしていた医療機関から自宅近くの診療所に引き継がれ、在宅医が訪問看護ステーションや保険薬局などと緊密に連携しながら患者と家族を最後までサポートします。「どの段階においても患者さん自身が持つセルフケア能力を引き出し、自分らしく生きられるよう患者さんの自立を手助けすることを大切にしています」と里見先生はいいます。

なお、緩和ケアではがんの疼痛コントロールに医療用麻薬を使用することが多くなります。「当院の場合、緩和ケアチームに紹介された患者さんの多くに鎮痛薬では治まらないがんの痛みがあり、医療用麻薬を必要とします。この薬を怖がる人は多いですが、痛みの緩和目的で医師が適切に処方した薬を正しく使用すれば麻薬中毒などの依存症状は生じないことが研究でも示されています。痛みを我慢せず安心して使ってください」。

【緩和ケアを提供する施設を探す】

日本ホスピス緩和ケア協会

「ホスピス緩和ケアを受けられる場所のご案内」

同協会会員として登録されている施設のうち、緩和ケア病棟がある病院、緩和ケアチームが活動する病院、在宅緩和ケアを提供する診療所・訪問看護ステーションの一覧が掲載されている。緩和ケア病棟・緩和ケアチームは会員以外の施設も掲載されている。

最終回は経過観察中の過ごし方についての情報をお届けします。連載記事一覧へ>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年11月号

家庭画報 2023年11月号

取材・文/渡辺千鶴

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 04

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 04

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事