• TOP
  • 開運
  • 数秘研究家・ともこさんが訪ねる「洞爺湖・白老・神威岬」。美しき北の聖地へ

開運

数秘研究家・ともこさんが訪ねる「洞爺湖・白老・神威岬」。美しき北の聖地へ

2023.09.28

  • facebook
  • line
  • twitter

日本の聖地を訪ねて 日本人は古来、自然の中に八百万の神々を見出し大切にしてきました。神聖なる力や自然の美しさを感じられる聖地を数秘研究家のともこさんが訪ねます。新時代の開運の縁となりますように。連載一覧へ>>
ともこさん

ともこ(磨雲木)
数秘研究家・コラムニスト。数秘の智慧を生活に生かし、しなやかで心地よい暮らしを送るヒントを伝えている。個人セッションのほか、カルチャースクールでの講義も行い、人気を集めている。初となる著書『誕生日が教えてくれる本当のあなた』(世界文化社)が絶賛発売中。


周囲約43キロ、最深約179メートルの円形の洞爺湖とその真ん中にある中島。日本百景に登録されている。

周囲約43キロ、最深約179メートルの円形の洞爺湖とその真ん中にある中島。日本百景に登録されている。

龍神が眠る火と水と大地の聖地
洞爺湖・白老(しらおい)・神威(かむい)岬

約11万年前の大噴火によってできたカルデラ湖である洞爺湖。風水では、周囲の山々が内部に「水」を抱く地形を山環水抱(さんかんすいほう)と呼び、洞爺湖はその地形とみなされる強力なパワースポットです。

その洞爺湖のエネルギーを語るうえで欠かせないのが、今回の聖地巡礼の旅で一番の目的であった「羊蹄山(ようていざん/蝦夷富士)」です。


虻田神社。冬には鳥居の柱に白蛇のように雪が絡みつく神秘的な光景が見られることも。

虻田神社。冬には鳥居の柱に白蛇のように雪が絡みつく神秘的な光景が見られることも。

羊蹄山は祖山と呼ばれる北海道のエネルギーの噴出口。ここから湧き出る氣は「蝦夷富士三山レイライン(ご来光の道)」と呼ばれる、利尻富士・羊蹄山・駒ヶ岳を流れるため、直線ルート上にある洞爺湖、そして洞爺湖町総鎮守・虻田(あぶた)神社にはダイレクトに氣が到達するとされています。

中島に上陸してすぐ目の前にあるウンクル・セトナの桂の木。縁結びのご神木として崇められる。

中島に上陸してすぐ目の前にあるウンクル・セトナの桂の木。縁結びのご神木として崇められる。

今回は洞爺湖に浮かぶ中島へ渡り、“湖の森”を散策しました。中島は4つの島の総称で、上陸したのは最も大きな島・大島。パワースポットの大平原では火と水と大地のパワーがつながり、体が軽やかになる感覚を覚えます。

白老町にある虎杖浜神社。太平洋から朝日が昇る姿を鳥居越しに見られることから、朝日の神社と呼ばれる。

白老町にある虎杖浜神社。太平洋から朝日が昇る姿を鳥居越しに見られることから、朝日の神社と呼ばれる。

そして、アイヌ文化とともに北海道の歴史を感じる町・白老。一施設あたりの湯量が全道一ともいわれる虎杖浜(こじょうはま)温泉があり、雄大な太平洋から海の癒やしが与えられます。

かつては女人禁制の場所だった積丹半島・神威岬。

かつては女人禁制の場所だった積丹半島・神威岬。

最後は神秘的な積丹(しゃこたん)ブルーが魅力の神威岬へ。カムイとはアイヌの言葉で「神」を表し、日本海に突き出た高さ80メートルの岬からの眺望は絶景でした。

ご神氣みなぎる龍のパワーを思う存分に受け取ることのできる、美しき北の聖地がありました。
取材裏話を音声でお楽しみください!

誌面ではご紹介しきれなかった情報や、取材時の裏話をともこ先生にうかがいました。
取材裏話はこちらからご視聴いただけます>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年10月号

家庭画報 2023年10月号

撮影・取材・文/ともこ(磨雲木)

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事