• TOP
  • レストラン
  • 大和路を愛した写真家の旧居が記念館に。「井上博道記念館」知られざる奈良の美に出会う

レストラン

大和路を愛した写真家の旧居が記念館に。「井上博道記念館」知られざる奈良の美に出会う

2023.10.13

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良 日本が世界に誇る2大古都、京都と奈良。世界文化遺産にも登録されている、この2つの都市の文化的価値と魅力を、料亭、庭園、建築などに焦点を当てて紐解いていきます。さらに美味処、話題のスポットの情報もお届けします。前回の記事はこちら>>


大和路を愛した写真家の旧居を改築「井上博道記念館」(中登美ヶ丘)

奈良県を拠点に、寺社や仏像、自然の風景などを撮り続けた写真家の井上博道さん(1931~2012年)。その作品世界に浸れる「井上博道記念館」が2022年6月28日の誕生日に開館しました。

井上さん亡き後、8年かけて17万枚もの写真を整理した妻の千鶴さんは、「博道の写真を通して知られざる奈良の美しい風景を伝えたい」と話します。

かつての自宅兼仕事場を改築した記念館は、写真のギャラリー、仕事道具が残る「井上博道記念室」、メインホール、茶室、ダイニングルームからなり、入館料は無料。ギャラリーの大テーブルが元は京都・大徳寺の境内にあった推定樹齢800年のケヤキであるなど、館内は物語に満ちています。


来館の際はぜひ、千鶴さんや西村寿美雄館長の説明を聞きながらご覧ください。なお、千鶴さんのおすすめは、近隣にある大和文華館や松伯美術館とあわせて巡るコース。秋の一日、奈良の芸術を満喫してみてはいかがでしょう。 井上博道記念館(中登美ヶ丘)

亡き夫のため、記念館を建てた井上千鶴さん。ギャラリーの展示写真は大体3か月ごとに替わる。
天井が高く、日の光が溢れるメインホール。井上夫妻が創業し、現在は長女の林田千華さんが代表を務める「井上企画・幡」が製造販売する麻製品などの販売もしている。

天井が高く、日の光が溢れるメインホール。井上夫妻が創業し、現在は長女の林田千華さんが代表を務める「井上企画・幡」が製造販売する麻製品などの販売もしている。

井上博道記念館(中登美ヶ丘)

大和野菜を中心にした体に優しいランチ(3000円)は完全予約制。手作りのぜんざいなどカフェメニューも充実している。

井上博道記念館(中登美ヶ丘)

家族が食事をしていた部屋を庭に向けて拡張して造ったダイニングルーム。端正な吉野杉の特注テーブルなど、あらゆるものに千鶴さんの美意識が貫かれている。

井上博道記念館(いのうえはくどうきねんかん)
奈良市中登美ヶ丘2-1984-31
TEL:0742(43)9111
11時~17時(ギャラリー、カフェ・ショップ)、11時30分~14時(ダイニング)
日曜~水曜定休 利用は10歳以上

※次回に続く

・特集「今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良」の記事一覧はこちら>>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年10月号

家庭画報 2023年10月号

撮影/大泉省吾 取材・文/清水千佳子 ※料理店の献立は仕入れの都合により、食材や料理内容が変更になる可能性があります。また料金は別途サービス料等がかかる場合があります。※施設・店舗は臨時休業の場合があります。事前にご確認のうえお出かけください。『家庭画報』2023年10月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 23

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 23

他の星座を見る