• TOP
  • レストラン
  • 「登大路ホテル奈良」がリニューアルオープン。ゲストに大好評のメインダイニングへ

レストラン

「登大路ホテル奈良」がリニューアルオープン。ゲストに大好評のメインダイニングへ

2023.10.12

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良 日本が世界に誇る2大古都、京都と奈良。世界文化遺産にも登録されている、この2つの都市の文化的価値と魅力を、料亭、庭園、建築などに焦点を当てて紐解いていきます。さらに美味処、話題のスポットの情報もお届けします。前回の記事はこちら>>


食・音楽・歴史を楽しむオーベルジュにリニューアル「登大路ホテル奈良」(登大路町)

登大路ホテル奈良(登大路町)

杉の葉から立ち上がる燻製も食欲をそそるヤマトポークスペアリブの炭焼き。手前は北海道産じゃがいも、キタアカリに、甘く煮た豚足と、きのことトリュフのソテーを盛り合わせた一品。

世界文化遺産、興福寺の隣に開業して15年目を迎えた昨秋(2022年秋)、「登大路ホテル奈良」がオーベルジュとしてリニューアルオープンしました。最大の注目点は、メインダイニング「レストラン ル・ボワ」の料理が、札幌のフランス料理の名店「レストラン モリエール」の監修のもと、新しくなったこと。

奈良と北海道、両地域から厳選された食材が共演するメニューに心が躍ります。古都の風を感じながら、食前酒やコーヒーがいただける新設のテラス席とともに、ゲストに好評です。

「食・音楽・歴史を楽しむ」という新たなコンセプトを象徴するのは、地下1階に誕生した3つの空間です。約1000本のワインや日本酒が揃うワインカーブ、最高峰のオーディオシステムでジャズやクラシックのレコード鑑賞が楽しめるサロン、プライベートディナー用の厨房付きダイニングルーム。唯一変わっていない1階の「ザ・バー」も含め、すべてが優雅な大人の時間を演出します。

登大路ホテル奈良(登大路町)

朝食の主役はゲストの到着に合わせて焼き上げる熱々のクロワッサン。レストランは水曜定休。

登大路ホテル奈良(登大路町)

新設されたワインカーブ。ボルドー5大シャトーのワインをはじめ、フランスやアメリカの銘醸ワインが揃うほか、奈良の日本酒もある。ソムリエの案内で中へ入り、ディナー用のワインを選ぶことも可能。

登大路ホテル奈良(登大路町)

全13室の客室は家具やカーペットを一新。興福寺の北円堂が間近に見えることで人気のスイートルームも明るく軽やかな印象に。

登大路ホテル奈良(のぼりおおじホテルなら)
奈良市登大路町40-1


フリーダイヤル:0120-995-546
1室2名利用で1泊2食付きデラックスルーム1室15万6000円~、写真のスイートルーム32万7000円~(ともにサービス料込み)
全13室 IN15時~20時/OUT12時 利用は13歳以上

※次回に続く

・特集「今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良」の記事一覧はこちら>>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年10月号

家庭画報 2023年10月号

撮影/大泉省吾 取材・文/清水千佳子※料理店の献立は仕入れの都合により、食材や料理内容が変更になる可能性があります。また料金は別途サービス料等がかかる場合があります。※施設・店舗は臨時休業の場合があります。事前にご確認のうえお出かけください。『家庭画報』2023年10月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 20

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 20

他の星座を見る