エンターテインメント

吉永小百合さんと大泉 洋さんの特別対談が実現!愛するお母さんたちへ

2023.09.20

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕【吉永小百合×大泉 洋 特別対談】愛するお母さんたちへ(前編) 2023年9月1日公開の山田洋次監督最新作『こんにちは、母さん』で初共演を果たした吉永小百合さんと大泉 洋さん。ときにぶつかりながらも、互いを思い、支え合う母と息子を演じたおふたりが、親子の絆や「いかに生きるか」について率直に語り合ってくださいました。実のお母さまとのエピソードも披露してくださった、貴重な対談をお届けします。

新作映画『こんにちは、母さん』で初共演

対談中、軽妙なトークで何度も吉永さんを笑わせていた大泉さん。会う前と後で吉永さんの印象が変わったそうで、「お転婆といったらなんですが、シャキシャキと快活で驚きました」。

対談中、軽妙なトークで何度も吉永さんを笑わせていた大泉さん。会う前と後で吉永さんの印象が変わったそうで、「お転婆といったらなんですが、シャキシャキと快活で驚きました」。

吉永小百合さん(よしなが・さゆり)
東京都生まれ。1959年『朝を呼ぶ口笛』で映画デビュー。以来、『おはん』『北の零年』『いのちの停車場』など数々の名作に出演し、多くの主演女優賞に輝く。『ふしぎな岬の物語』では初めてプロデューサーも務めた。『こんにちは、母さん』は123本目の出演映画で、山田洋次監督とのタッグから生まれた『母べえ』『母と暮せば』に続く、「母」3部作の集大成。

大泉 洋さん(おおいずみ・よう)
1973年北海道生まれ。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。北海道テレビ制作のバラエティ番組『水曜どうでしょう』で人気を博す。映画『探偵はBARにいる』『駆込み女と駆出し男』『探偵はBARにいる3』『月の満ち欠け』で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。『鎌倉殿の13人』や『ラストマン─全盲の捜査官─』など、話題のテレビドラマにも次々出演。

恋する母親と、母に甘えたい息子を演じて

吉永 初めてお会いしたのは、この映画(『こんにちは、母さん』)のプロデューサーさんの事務所でしたね。


大泉 撮影に入る半年くらい前だったでしょうか。

吉永 ええ、2022年の春頃でしたね。そのときケーキを買っていって、大泉さんにどれがよいかお尋ねしたら、すぐに「ショートケーキ」とおっしゃって。なんだかかわいいなと思った瞬間から、もう息子に見え始めていました。

大泉 僕はケーキはショートケーキが好きなんです。

吉永 撮影現場では、じゃがいもとか、ご出身地、北海道のものをみなさんにたくさんくださいましたね。

大泉 北海道のかたがいろいろくださるんです。じゃがいもを2箱もいただいて、食べきれなかったので、芽が出ないうちにと持っていきました。

吉永 みんな大喜びでしたね。北海道のおいもはおいしいから。

大泉 おかげさまで飛ぶように売れました。実は昨日、北海道から帰ってきたところで、今日も北海道土産があります。「明日母さんに会うな」と思って、お菓子を買ってきました。

吉永 わぁ、嬉しい! ありがとうございます。

牧師の荻生直文(寺尾 聰)の隣で胸を弾ませる福江。「爽やかなおきもの姿、おきれいでした。このお母さんは、まだまだもてるわと思いながら見ていました」と大泉さん

牧師の荻生直文(寺尾 聰)の隣で胸を弾ませる福江。「爽やかなおきもの姿、おきれいでした。このお母さんは、まだまだもてるわと思いながら見ていました」と大泉さん

「いくつになっても、ときめく心を失わない福江は、素敵な女性だと思います 」─ 吉永さん

大泉 そういえば、吉永さん、山田(洋次)監督からOKが出るとよく、「わぁ!」と歓声を上げて、ジャンプされていましたね。監督はなかなかOKを出してくださらないから、お気持ちはわかるのですが、かわいらしくて、びっくりしました。

吉永 やはり嬉しいですから。私は役作りのためにお借りした大泉さんの小さい頃の写真を何枚か拝見して、お母さまから愛されて育ったかたなのだなとよくわかりました。

大泉 うちの母は、吉永さんとは似ても似つかない人ですけどね。今回の神崎福江役はいかがでしたか? 今まで演じたことのないタイプのお母さんだったそうですが。

吉永 まっすぐに恋するお母さん、演じていて面白かったです。いくつになっても、ときめく心は失わないほうがいいと思うので、そういう意味で、素敵なお母さんですよね。

大泉 吉永さん演じる母さんは実に瑞々しく素敵で、まだまだいくらでも恋ができるなぁと思いました。

吉永 私としては、ちょっととんでるお母さんにしたくて、監督にお話しして、茶髪にさせてもらったんです。

吉永さんと大泉さんがともに気に入っていると話す、福江と昭夫親子水入らずの晩酌シーン。お酒を片手にした母と子が交わす言葉はさほど多くないが、優しい眼差しに互いへの愛情が滲み、観る者の心を和ませる。

吉永さんと大泉さんがともに気に入っていると話す、福江と昭夫親子水入らずの晩酌シーン。お酒を片手にした母と子が交わす言葉はさほど多くないが、優しい眼差しに互いへの愛情が滲み、観る者の心を和ませる。

大泉 よくお似合いでした。そんなとんでる母さんと一緒にお酒を飲むシーンが、僕は大好きです。

吉永 私もとっても好きです。ここでは詳しい内容はいえませんが、同病相憐れむという感じなんですよね。

大泉 そうそう。僕が演じた昭夫はあの時間で救われたと思います。

職場でも家庭でも、大きな悩みを抱えている昭夫。思い立って、東京の下町で足袋店を営む母を訪ねたことから物語が始まる。

職場でも家庭でも、大きな悩みを抱えている昭夫。思い立って、東京の下町で足袋店を営む母を訪ねたことから物語が始まる。

「昭夫が母さんに甘える感じ、よくわかります。僕自身、母には甘えますから」─ 大泉さん

吉永 昭夫は暗い顔をしていることが多くて、大泉さんの明るいイメージとは違うなと思っていましたが、ご自身としてはいかがですか?

大泉 僕は明るいっちゃ明るいんですけど、プライベートは結構昭夫に近いです。今は半年後の仕事が気がかりで、家でよくため息をついてますから。

吉永 本当ですか? じゃあ、昭夫の言動には共感します?

大泉 すごく共感します。僕は、無償の愛というのは、親子の間だけに存在すると思っていまして。妻はおそらく人生でいちばん長く一緒にいる人ですが、絶対気を使わなきゃいけない相手でもあるんですね。血のつながりがないので、離婚したら他人に戻ってしまう関係ですから。

福江を頼って転がり込んできた昭夫の娘、舞(永野芽郁)も含め、3人で食卓を囲む。ひさしぶりの家族団欒に福江は嬉しそう。

福江を頼って転がり込んできた昭夫の娘、舞(永野芽郁)も含め、3人で食卓を囲む。ひさしぶりの家族団欒に福江は嬉しそう。

大泉 一方で、決して縁が切れることのない親は、何があっても自分を受け入れてくれると信じているんです。仕事で疲れて帰ったときに、母が何かゴチャゴチャいってきたら、「疲れてるから、明日にして!」といいますが、妻だったらいいません。やっぱり親には甘えてるんですよね。そういうところは、昭夫も一緒だなと、演じていて思いました。僕は帰省すると、今も両親にたっぷり甘えます。父には「あなたは明日、私の朝ご飯にかすべ(えい)を煮てください」といい、母には「朝ご飯に野菜のごった煮みたいなのを作ってください」とお願いする。父が圧力鍋で煮るかすべが、とてもうまいんですよ。こんな話をすると、年老いた両親に朝飯を作れという、横暴な息子と思われるかもしれませんけど。

吉永 いえいえ、子どもからそんなふうに頼まれると、親は嬉しいですよね。親孝行だと思います。

大泉 僕がまた、「うまい、うまい」と喜んで食べるので、親も嬉しそうにはしていますね。いつも張り切って作ってくれるので、ありがたいです。

後編へ続く。

『こんにちは、母さん』とは──
母と子の新たな出発の物語

山田洋次監督の最新作『こんにちは、母さん』は、家族の絆とは、互いの変化を受け入れ、関係性を柔軟に変えていくことでこそ、幸せに保たれることを教えてくれます。人は誰でも、母、妻、娘、社会人など、さまざまな顔(役割)を演じ分けながら生きているもの。映画のなかで息子は最初、恋をしている母親に抵抗を覚えますが、やがてありのままを受け入れたことで、ふたりにとって少しだけ新しく、心地よい関係性が生まれます。

人生百年時代の今、家族との関係もロングランになりました。過去の関係性や、こうあるべきといった理想や思い込みに縛られず、福江や昭夫、舞のように、今の自分と相手を認め、笑って過ごせたら、それが一番なのではないでしょうか。

名匠・山田洋次監督 90本目の作品

隅田川沿いでの撮影中、カメラをのぞき込む山田監督、御年91歳。

隅田川沿いでの撮影中、カメラをのぞき込む山田監督、御年91歳。

クランクアップ時に山田洋次監督とともに記念撮影をする吉永さんと大泉さん。バックは福江が営む足袋店。

クランクアップ時に山田洋次監督とともに記念撮影をする吉永さんと大泉さん。バックは福江が営む足袋店。

『こんにちは、母さん』

大会社の人事部長として、離婚問題を抱える夫として、大学生の娘・舞(永野芽郁)との関係に悩む父として、日々神経をすり減らしている神崎昭夫(大泉 洋)。久々に訪ねた実家で、これまでと違う母・福江(吉永小百合)に戸惑うが、新たな母を受け入れることで、自分自身の生きる道も見出していく。

●監督/山田洋次 脚本/山田洋次、朝原雄三 原作/永井愛 出演/吉永小百合、大泉 洋、永野芽郁ほか 全国公開中 110分 公式サイトはこちら>>

©2023「こんにちは、母さん」製作委員会

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年10月号

家庭画報 2023年10月号

撮影/三浦憲治 スタイリング/宮本茉莉(吉永さん) 九〈Yolken〉(大泉さん) ヘア&メイク/森下千帆(吉永さん) 諸橋みゆき〈Yolken〉(大泉さん) イラスト/サキザキ ナリ 取材・文/清水千佳子 撮影協力/パレスホテル東京

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 23

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 23

他の星座を見る