• TOP
  • 国内
  • 建築から見る、奈良「春日大社」。神山の地形に合わせて美しく歪ませて、優美に

国内

建築から見る、奈良「春日大社」。神山の地形に合わせて美しく歪ませて、優美に

2023.10.04

  • facebook
  • line
  • twitter

〔特集〕今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良 日本が世界に誇る2大古都、京都と奈良。世界文化遺産にも登録されている、この2つの都市の文化的価値と魅力を、料亭、庭園、建築などに焦点を当てて紐解いていきます。さらに美味処、話題のスポットの情報もお届けします。前回の記事はこちら>>


神様の山を削らず建てた普請に神山信仰を感じよ 「春日大社」

平城京の守護であった春日大社は、神山御蓋山(しんざんみかさやま)の麓に位置し、古代からの人々の信仰を今に伝えます。「建物の特徴は、神山を削らずに造られていること。そのため、御本殿や回廊は神山の地形に合わせて建物を美しく歪ませ、優美で真っ直ぐに見えるように造立されています」と宮司 花山院弘匡(かさんのいんひろただ)さん。

創建は、奈良時代の768年。20年に一度の御社殿を美しくする「式年造替」はこれまで60回を数え、御蓋山を含む約30万坪が世界遺産に登録されています。さらに、名勝奈良公園は95パーセント以上が春日山を含む旧境内地です。国宝の本殿4棟は、神山の傾斜に合わせて土台が階段状になっており、他に27棟が重要文化財の建物。この風景は、鎌倉時代の作である「春日宮曼荼羅」とまったく同じ。

創建当初からの本殿は古い切妻造の形状ですが、豪華な装飾がちりばめられています。春日の神域には原生林が残り、約1200頭の「神鹿(しんろく)」と人間とが共生する、世界で唯一の場所。神山への畏怖から優美な曲線を備え、巧みに造られたのが春日大社です。

“自然の恵みの中で生きる”神道の本質を伝える回廊建築 山の稜線に合わせて複雑な形状となった回廊。「こうした高度な技術は後世の城づくりにも活かされています」(花山院さん)。

【“自然の恵みの中で生きる”神道の本質を伝える回廊建築】山の稜線に合わせて複雑な形状となった回廊。「こうした高度な技術は後世の城づくりにも活かされています」(花山院さん)。

【神山の尾根線上にある御蓋山頂上の遥拝所(ようはいしょ)】東回廊の外側に設けられた遥拝所は、神様の降り立った聖地「浮雲の峯 御蓋山」に祈りを捧げる場。

【地形に合わせた歪みが普請の見どころ】美しい朱塗りの回廊は、床をはじめ、連子格子も柱も、すべて敷地の起伏に沿って歪んでいる。

【「建物より木が大事」。重要文化財建築を貫く樹齢500年の古木】ご神木の根元から伸びる古木が、隣接する直会殿(なおらいでん)の屋根を貫く。ここにも自然崇拝の思想が宿る。

【御造替1周年「春日若宮御祭図屛風」特別公開】2023年12月10日(予定)まで、春日若宮式年造替を記念して、春日若宮おん祭の御渡り式を題材にした「春日若宮御祭図屛風」(狩野柳雪筆)の高品位複製屛風が若宮神楽殿にて特別公開中。

春日大社(かすがたいしゃ)
奈良市春日野町160

TEL:0742(22)7788
(開)6時30分~17時30分(3月~10月)、7時~17時(11月~2月)

※次回に続く

・特集「今秋、感動の体験旅へ 京都・奈良」の記事一覧はこちら>>>

この記事の掲載号

『家庭画報』2023年10月号

家庭画報 2023年10月号

撮影/小林廉宜 取材・文/冨部志保子 参照資料/『宮司が語る御由緒三十話 春日大社のすべて』(中央公論新社)、『奈良で学ぶ 寺院建築入門』(集英社新書)※施設・店舗は臨時休業の場合があります。事前にご確認のうえお出かけください。『家庭画報』2023年10月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 01

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 03 / 01

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事