• TOP
  • 動物・ペット
  • 〈モデル・松島 花さんと保護猫ごろりん、ゴメズ、フェスター〉人間と猫が愛情と優しさでつながる日々[ウチもふ特別版]

動物・ペット

〈モデル・松島 花さんと保護猫ごろりん、ゴメズ、フェスター〉人間と猫が愛情と優しさでつながる日々[ウチもふ特別版]

2023.08.22

  • facebook
  • line
  • twitter

〈モデル・松島 花さんと保護猫ごろりん、ゴメズ、フェスター〉人間と猫が愛情と優しさでつながる日々[ウチもふ特別版]

私とウチもふ――縁あって1つ屋根の下 縁あって、共に暮らすことになった大切なパートナー、ウチもふ(犬&猫)。読者の皆様のウチもふベストショットを紹介する連載が、新たにスタートします。詳細・応募方法はこちら>>

さらに毎月第2・第4火曜日には、家庭画報ドットコムでおなじみの方々の“ウチもふ特別版”をお届けします。第2回はモデルの松島 花さん。一緒に暮らす3匹に惜しみない愛情を注いでいます。


様々な事情で、保護される犬や猫が後を絶ちません。ブリーダー崩壊で行き場のなくなった子、捨てられた子や迷子……。運が良ければ保護施設に救われて、施設や預かり保育をしてくれる家庭で健康を回復。そこから譲渡会やSNSなどを通して家族を探すのですが、その幸運に巡り合えるのはほんの一握りかもしれません。

それぞれの事情をもつ3匹の猫を家族に迎えて

5年前の2018年、松島さんはごろりんちゃんと出会いました。「東京都動物愛護相談センター」に負傷猫として収容され、保護主さん(@teko1010)のお宅で治療を行いながら里親を探していた茶トラの男の子です。

「8歳の頃、友人の家で産まれた猫の兄妹をもらい受けてからずっと猫と暮らしてきました」と松島さん。「兄の竹ちゃんは10歳のとき腎不全で亡くなり、梅ちゃんとは20年間を共にして。その梅ちゃんが亡くなって半年たった頃、ごろりんの写真を見たときに、すごく私の心に訴えかけるものがあったんです。自分の仕事のことを保護主さんにお話しして、ウチに迎えたいと相談しました」


そのときに併せて相談したのが、お留守番のとき1匹で寂しくないように2匹で受け入れたいということ。

「預かっている猫さんの中で、仲の良い子がいたら一緒に迎えたいと言ったら、当時生後2か月だったゴメズとフェスターを紹介されました。民家の屋根裏で産まれ、害虫駆除業者に山に捨てられそうになっていたところを、ボランティアの方に助けられた黒猫の兄弟。引き離すのはかわいそうで、思い切って3匹を引き受けることにしました」

写真が苦手なフェスターちゃんもしっかりカメラ目線をくれた奇跡の1枚。左からゴメズちゃん、ごろりんちゃん、フェスターちゃん。

写真が苦手なフェスターちゃんもしっかりカメラ目線をくれた奇跡の1枚。左からゴメズちゃん、ごろりんちゃん、フェスターちゃん。


お迎え当時、ごろりんちゃんは推定6歳、ゴメズちゃんとフェスターちゃんは生後2か月。一気に松島さんの家が賑やかになりました。3匹はとても気が合いますが、性格はそれぞれに違います。

「ごろごろ甘え上手で、保護主さんから“ごろりん”と呼ばれていたのをそのまま名前にしました。運動能力が高く、あわてん坊でおっちょこちょい、食いしん坊なところは私に似ているかな(笑)。ゴメズは3匹の中で一番繊細な気遣いのできる子。ごろりんが大好きで、いつも一緒にいます。フェスターは頭が良くて好奇心旺盛。そのくせビビりで、物音に敏感で、写真も苦手。いつも変顔に写っちゃうんです」
〈左〉甘えん坊のごろりんちゃん。〈右〉手前ゴメズちゃん、奥フェスターちゃん。つやつやの毛並みが美しい黒猫兄弟。

〈左〉甘えん坊のごろりんちゃん。〈右〉手前ゴメズちゃん、奥フェスターちゃん。つやつやの毛並みが美しい黒猫兄弟。

突然の異変、そして失明。大切な命を守りぬく愛と覚悟を胸に

父のように母のように、2匹の子猫を可愛がり育て上げたごろりんちゃんに、ある日、異変が起こります。3匹と暮らし始めて1年と少しがたった頃でした。診断は肝性脳症。肝臓の機能不全で全身にアンモニアがまわってしまったのです。

「竹が腎不全になったとき、1秒でもその命を引き留めたくて、いろいろな治療をしてしまったんですね。人間のエゴでかわいそうなことをしたかもしれないと後悔した気持ちが、ごろりんの病気を前にフラッシュバックして、すごく悩みました。苦しかったです。お医者さまともよく話して、まだごろりんは若いし、諦める前にこの治療だけはしてみましょうということを決めて……。結果、命は助かりましたが、目が見えなくなってしまいました」

脳症と失明によって、大好きだったジャンプはもうできなくなってしまいました。

「その姿を見るのが今もつらい。過酷な外の世界で生きてきて、これから幸せにしてあげようと思った矢先だったのに……。でもゴメズとフェスターは変わることなく、いつもごろりんに寄り添ってくれるんです。その姿に、人間とか動物とかを超えた、深い愛情を感じます」

「命をお金で買うのではなく、頑張って生きてきた保護犬や保護猫を家族に迎えるという選択もあること、そしてどんな子にも個性や魅力があり、寄り添って愛してあげれば、心がつながっていくということを情報発信して、全国のボランティアさんの活動を少しでもお手伝いできればと願っています」。

1匹でも多くの犬猫が、幸せをつかむことができますように……松島さんはそう語ってくれました。

あなたの可愛い犬&猫のベストショットを見せてください>>

  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 26

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 26

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事