• TOP
  • インテリア
  • マーブル模様や超巨大輪など、革命的に進化中!「アスター」のブーケ&アレンジ12選

インテリア

マーブル模様や超巨大輪など、革命的に進化中!「アスター」のブーケ&アレンジ12選

2023.08.18

  • facebook
  • line
  • twitter

藤野幸信さんが選ぶ「季節の贈り花」 今、この花を贈りたい! 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが“今贈りたい”おすすめの花をセレクト。その花を使った、新作ブーケ&アレンジメントをさまざまなバリエーションでお届けします。記事一覧はこちら>>

8月の花「アスター」




マーブル模様の八重咲きアスター‘ココットマーブルレッド’のかわいらしさをアピールしたくて、同じ色合いのベル型のクレマチス‘天使の首飾り’だけを合わせてシンプルなアレンジに。マウンテンミントとルテウスをたっぷり加えてフレッシュ感のある仕上がりにしました。

マーブル模様の衝撃的かわいらしさにはまっています!


アスターは昔から切り花では定番で、とくに夏場には多く流通します。アスターというとピンクや紫色のキクに似た小輪の花を思い浮かべる方が多いと思います。


ところがここ数年、アスターは革命的ともいえるほど進化しています。まずは、花径3cmほどの小輪という従来のイメージを覆す大輪種の誕生です。海外から導入された‘マッシュ’シリーズは花径が5〜7cmもあり、ボリューム感のあるころんとした花形が特徴。

続いて登場した花径が7〜9cmもある‘ボブ’シリーズには本当に驚きました。そのボリュームある花姿はまさに主役花。これまで脇役として使うことが多かったアスターのイメージが見事に覆されました。しかし、それだけには留まりません。さらに大きな超巨大輪のアスターが登場します。


スプレー咲きのわき芽を摘み取り主枝1本を残し、そのトップに1輪だけ花がつくように仕立てたUniアスター。これはもう大輪のキクやダリアと見間違えるほどの存在感です。北海道の留萌で生産されています。主役をはれるボリューム感がお見事!

北海道、留萌、ウニ。と聞けば誰もが新鮮でおいしいウニ=雲丹を連想しますよね。ところがウニ=Uniはそこで生産されるアスターに付けられた名前なのです。Uniとはラテン語で「一つの」という意味。アスターはいくつにも枝分かれして沢山の花を咲かせますが、このUniは、主枝を残してすべての枝を切り落とし、いちばん先に主枝の先端に咲く花一つに栄養を集中させるという栽培方法で作られています。

そのため花はどんどん大きくなり、花径10cmくらいになることも!初めてUniアスターを手にしたときには、そのボリューム感にたまげました。大輪のキクよりも立体的で、圧倒的存在感です。‘マッシュ’、‘ボブ’、そしてUniアスターと続いた大輪化はアスターの印象も使い方も大きく変えたのではないかと思います。

さて、そんなアスターの大輪化の流れの中で、小輪にも魅力的な品種が出回り始めました。‘ココットマーブルレッド’という今までのアスターにないマーブル模様の品種です。



八重咲きの複色系アスター‘ココットマーブルレッド’。ぼかしではなく、濃いピンクと白がしっかりマーブル模様を描くので、小さいながらもインパクトがあります。しかも花をとりまくがくもかわいらしい! がくの緑色が鮮やかな花色をさらに引き立てています。

この花を初めてみたときには「かわいらしい」のすべてがここにある、と思ったほどで、ここ2、3年くらい、出回り時期には必ず入手して贈り花によく利用しています。まさに「はまっている」状態です。

赤に近い濃いピンクに、白いマーブル柄の斑が入るのですが、どの1輪として同じ模様がなく、どれもが異なる表情を見せてくれます。ずっと見ていても飽きないので、もうしばらくはこのマーブルのアスターにはまっていそうです。バリエーションも欲しくなり、紫色の‘ココットマーブル’が出ればいいのになーと願っています。

夏場によく出回るだけあって、アスターは暑さの中でも花もちがよいのも魅力です。ボリューム感のある大輪やかわいいマーブルなど、人気の品種をぜひ贈り花取り入れてみてください。ご自宅で飾る花にもおすすめです。

アスターを使ったブーケ&アレンジメント




‘ココットマーブルレッド’を見ていると、ほかのマーブル模様の花と合わせたくなってきて、クリーム色に濃いピンクの斑が入るバラ‘パーティーラナンキュラ’と一緒に束ねてみました。クリーム色のスカビオサとケイトウ‘アスカセレクト グリーン’を加え、グリーンワッフルゼラニウムやテマリシモツケ‘ルテウス’、カシスなどのフレッシュな葉色をあしらいました。



マーブル×マーブルの花合わせをもう一つご紹介。赤いマーブル模様のバラ‘フルフル’と、アスター‘ココットマーブルレッド’を組み合わせてみました。2種以外はリシアンサス‘アンバーダブルモヒート’、スペアミント、ローズゼラニウムと、グリーン系のみにすると、同系色アスターとバラの大小の対比がよく目立つアレンジに。雑貨屋さんの周年のお祝いの贈り花です。



大輪のアスター‘マッシュサーモン’と‘ココットマーブルレッド’。2種のアスターを使って、お母様の傘寿(80歳)を祝う贈り花を作りました。バラ‘ビクトリアンピンク’、エキナセア‘ピンクボールビュー’、クレマチス‘アンダンテ’、アスチルベ‘ピンクグロリア’と夏のピンクを集めて華やか&かわいらしいブーケに。フランボワーズとキイチゴ‘ベビーハンズ’をあしらいに加えています。



もっこもこのアスター‘マッシュサーモン’をご覧ください。ころんとした花形がかわいらしく、誰からも好感を抱かれる花色です。



大輪アスターの‘マッシュサーモン’、‘マッシュイエロー’を誕生日の贈り花に。あたたかみのあるかわいらしいサーモンピンクをアピールしたくて、同じ色合いのバラ‘マロンフォレスト’、ケイトウ‘デリーパール’を合わせました。白いリシアンサス‘NFソルトホワイト’を加えてメリハリを作っています。スペアミントやメラレウカをあしらって。



アスター‘マッシュサーモン’を使った贈り花をもう一つ。花形が似ているピンポンマムと合わせたアレンジです。ほかに、リシアンサス‘ボヤージュピンク’、カーネーション‘フェミニンミナミ’、クレマチス‘エトワールローズ’とピンクの花を集め、メラレウカとテマリシモツケ‘ルテウス’のフレッシュな葉色を添えました。



‘マッシュサーモン’よりさらに花サイズが大きいUniアスター‘ボブサーモン’を使ったアレンジです。わき芽を落とした1本仕立てにするとこんなに大きな花になるんです。短い花弁が密に揃っている様子からどことなく雲丹を連想……。バラ‘ラシャンス’、エキナセア‘ピンクボールビュー’、リシアンサス‘アンバーダブルモヒート’、クレマチス‘篭口(ろうぐち)’、パフィオペディルム、スペアミントを合わせています。



巨大輪アスター‘ボブクリムゾン’の目が冷めるような鮮やかな花色をどうぞ。これだけ発色がよいと、どんな花と合わせてもよく目立ちます。



‘ボブクリムゾン’を1本仕立てにして栽培したUniアスターは圧巻の花サイズ!それを使って叔母さまの誕生日を祝う贈り花を作りました。バラの‘糸’と‘イブピアジェ’、エキナセア‘ダブルローズ’、ケイトウを合わせ、アップルミントとユーカリの葉色を添えました。



ここからは涼しげなブルー系のアスターを紹介します。まずは透明感ある涼しげなラベンダー色の‘マッシュラベンダー’。見ているだけで爽やかな気持ちになります。



アスター‘マッシュラベンダー’とリシアンサス‘NFラベンダー’、2種のラベンダー色を合わせ、爽やかで涼しげなアレンジを作りました。紫色のダリア‘ファーンクリック タンゴ’を加えると大人っぽい雰囲気に。優しい黄色のバラ‘カタリナ’、スターチス‘アイシーサンバード’とローズマリーも加えています。



‘マッシュリラ’は、名前のとおりリラ=ライラックに近いニュアンスのある花色が魅力。どんな花色とも合わせやすく、上品さを感じさせます。



バイオレットがお好きな女性の誕生日のお祝いに、真夏のバイオレットを集めたアレンジを贈りました。アスターの‘マッシュリラ’と‘ボブバイオレット’、リシアンサス‘プリマラベンダー’、カラー‘フェルメール’。反対色の黄色のエキナセアを散らすと、ぐっとインパクトが強くなります。シトラスグリーンミントとユーカリを添えて。



左奥が‘ボブバイオレット’、右手前が‘ボブパープルアッシュ’。大輪アスターは花色のバリエーションも豊富で、ブルー系にも魅力的な花色があります。



‘ボブバイオレット’と‘ボブパープルアッシュ’を使ったアレンジをお誕生日の贈り花に。スカビオサ‘ちょんまげ市助’を散らし、スペアミントとダスティーミラーをあしらいました。アスターの濃淡の花色が美しく、涼しげで気品のある仕上がりになりました。



セレクトショップのリニューアルオープンのお祝いに、色とりどりの夏の花を集めたアレンジを贈りました。バラは‘マンゴーリーバ’、‘スフィンクスプレゴ’、‘レモンフォセット’の3種。ダリアはポンポン咲きとマイクロポンポンの2種。さらにエキナセア‘ピンクボールビュー’とスカビオサ‘ファーマディープブルー’。夏らしい暖色系の花色の中に、アスター‘マッシュブルー’を散らすと、ぐっとエレガントな雰囲気に。アップルミントの葉をあしらって仕上げました。

藤野幸信/Yukinobu Fujino


広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を終了後、花の道に進んだ異色の経歴。感動する花束を多くの人に届けたいという思いから、市場からだけでなく自ら生産者情報を入手してお気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。著書『大切な人への贈り花』も好評。 https://www.fleurs-tremolo.com
『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』



誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載したオールカラーの大判の単行本。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4418214054/sekaibunkacom-22

編集協力/高梨さゆみ

「#365日の贈り花」記事一覧

「旬を愛でる花旅・庭めぐり」記事一覧
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 20

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 20

他の星座を見る