• TOP
  • インテリア
  • ダイニングを兼ねるカウンターテーブルを主役に。シェフも呼べるスタジアムキッチン

インテリア

ダイニングを兼ねるカウンターテーブルを主役に。シェフも呼べるスタジアムキッチン

2023.07.04

  • facebook
  • line
  • twitter

暮らしの中心にある 憧れの豪邸キッチン 第3回(全8回) キッチンを住まいの中心に据えたいというニーズが高まりを見せています。ここでは住まい手のライフスタイルに応じた今どきの豪邸キッチンのつくり方を実例を交えてご紹介します。前回の記事はこちら>>

ダイニングレス型
シェフも呼べるスタジアムキッチン
――H邸(長野県・軽井沢)


シェフも呼べるスタジアムキッチン

迫力ある大理石の天板を用いたキッチン。L字形のカウンターをダイニングとし、テーブルをなくすことで開放感を提案している。


もともとこの土地にあったモミジをどの部屋からも眺められるように、広大な敷地の南端に建物を建て、北側を庭としたH邸。ここは歴史ある旧軽井沢に建つ別荘です。以前から同地に別荘を所有していたHさんご夫妻は、より開放的な建物を求めてこの土地を購入。一級建築士事務所 ニュートラルの石上英一郎さんに設計を依頼しました。

ダイニングを兼ねる
天然石のL字形カウンターテーブル


シェフも呼べるスタジアムキッチン

調理ゾーンを囲むキッチンテーブル。ベージュやグレー、アイボリーなどさまざまな色が混じり合う希少な天然石シルバートラバーチンを、4.3センチの厚みで使うことで、キッチンに確かな存在感をもたらしている。

住まいの中心として配置されたキッチンは、「アムスタイル」でのオーダーメイド。希少な天然石シルバートラバーチンを天板に用いた、スタジアムのようなしつらいが目を引きます。

「6口のガスコンロを備えたアイランドキッチンを取り囲むようにL字形のカウンターを設け、ダイニングテーブルをなくすことで、リビングに広がりを持たせました」と石上さん。

調理しながらゲストと顔を合わせて会話が楽しめるのびやかなキッチンは、シェフ二人が作業をしても十分な広さとなっています。

シェフも呼べるスタジアムキッチン

リビングとつながるオープンキッチン。天井高4メートルの大空間にゆったりと配置されたダイニングレスキッチンとリビング。アイランドキッチンを囲むカウンターと天井高の変化が、空間の主役がキッチンであることを教えてくれる。

そして、壁面のキャビネットはワインセラー以外のキッチン家電類をオークの扉で隠し、すっきりとした印象に。料理をする人と腰かけた人との目線が合いやすくなるように、キッチンの床レベルを16センチ下げる提案もされています。

「そのうえでキッチン上部だけ天井を低くすることで、リビングにいても自然とキッチンに目が向くように配慮しています」と石上さん。こうして空間の主役となったキッチンからは、大きな窓越しに四季折々に表情を変えるシンボルツリーも一望のもとに。

シェフも呼べるスタジアムキッチン

キッチンから屋根付きテラスに出て、アウトドアダイニングを通り、ステップを数段下りたところにあるアウトドアリビング。ファイヤーピットを囲むようにソファセットを配置。テラスには水が使えるサブキッチンやBBQコンロもある。設計/一級建築士事務所 ニュートラル

さらに、キッチンと庭との中間領域には屋根付きのテラスを設置し、BBQのためのサブキッチンやファイヤーピットを配置。天然石を贅沢に使ったキッチンを中心に、食を介した心豊かな交流が楽しめるH邸です。
撮影/本誌・大見謝星斗 スタイリング/山田喜美子 取材・文/冨部志保子
『家庭画報』2023年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事