• TOP
  • ファッション
  • 「ロエベ」で出会う最高級のレザーアイテム。長く愛せる、今注目のバッグをチェック

ファッション

「ロエベ」で出会う最高級のレザーアイテム。長く愛せる、今注目のバッグをチェック

2023.06.19

  • facebook
  • line
  • twitter

連載「迷い世代の服選び」 スタイリストのおおさわ千春さんが、「何を着たらいいのかわからない」と悩みがちな“迷い世代”の大人に向けて、おすすめのファッションアイテムを紹介する連載。今回は、長く愛せるロエベの極上レザーバッグをフィーチャーします。連載一覧はこちら>>

群を抜いたクオリティで魅せる、ロエベのレザーバッグ


上質なレザーアイテムを探している時、真っ先にチェックするのがロエベ。もちろん、ラグジュアリーブランドのレザーはどれも質が高いのですが、中でもロエベは群を抜いていると思います。私がロエベで初めて購入したのは、ナッパレザーのジャケット。

かれこれ20年以上も前になりますが、パリに行ったとき、ふらりと立ち寄ったブティックで、薄くなめしたナッパレザーで作ったジャケットのしなやかさにひと目惚れ。何より、手触りが素晴らしく、「いいものを着ている自信」が湧きあがってくるのです。

その後、バッグなども愛用してきましたが、ロエベのナッパレザーはやはり別格! 「ブランドのバッグだから」ではなく、「このレザーが好きだから」と言えるのがロエベですし、そういう選び方ができるようになるのが、大人の証しなのだと思います。それでは、迷い世代の皆さんにぜひ手にしていただきたいバッグを紹介していきましょう。

これぞロエベの真骨頂!
幸せな手触りに酔いしれる




1「PASEO SATCHEL」バッグ(縦17×横25×マチ8cm)29万4800円 2「GOYA PUFFER MINI」バッグ(縦13×横20×マチ6cm)32万7800円 3「FLAMENCO CLUTCH MINI」バッグ(縦18×横23.9×マチ9cm)24万900円/すべてロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)

私が惚れ込むナッパレザーのバッグがこちら。うっとりするほど滑らかな手触りは、ロエベの右に出るものなしと断言できるほど。

1は、光沢感が美しいシャイニーナッパカーフを使用。フラップ部分はギャザー構造になっており、丸みを帯びたデザインがフェミニンです。2は、シャイニーナッパラムスキンにグースフェザーを詰めたふかふかの触感が特徴的。新感覚の柔らかさで、えも言われぬ心地よさです。3はナッパカーフスキン製で、端にコイル状の結び目をあしらったドローストリングによって開閉するデザイン。

3つとも色が少しグレイッシュで、ニュアンスのあるトーンなのも私が好きなポイント。差し色にしても甘くなり過ぎず、シックにまとまります。

気負わずデイリーに愛用したい
新作「ハンモック ホーボー ミニ」




1と2「HAMMOCK HOBO MINI」バッグ(縦17×横28×マチ9.5cm)各21万2300円 3カードホルダー5万5000円 4ウォレット9万3500円/すべてロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)

脇下に収まるサイズ感が便利な新作「ハンモック ホーボー ミニ」。クラシックなカーフレザーを使用しており、ストラップの長さは端にあしらわれたダイスで調節可能。合わせて持ちたいウォレットやカードホルダーは、ニュアンスのあるサックスブルーの色味が素敵です。

折り紙のようにたためる
新作レザートート




1「PUZZLE FOLD TOTE MEDIUM」バッグ(縦31×横25.5×マチ14.5cm)23万7600円 2と3「PUZZLE FOLD TOTE MINI」バッグ(縦20×横16.5×マチ9.5cm)各19万6900円/すべてロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)

2023年6月29日発売の新作「パズル トート」は、艶やかなシャイニーカーフを使用し、折りたたんで持ち歩ける画期的なデザイン。折りたたむための縫い目や筋がデザインになっていて、モダンな印象に仕上がっています。レザーを「折りたたむ」ためには高い技術力が必要で、ロエベだからできたデザインだと思います。

世界初の「ロエベ リクラフト」がオープン!


惚れ込んで買ったロエベのレザーアイテムを長く愛していくために、ぜひ知っていただきたいのが、2023年4月、阪急うめだ本店8階にオープンした、革製品の修理・補修を専門とする世界で最初のストア「ロエベ リクラフト」。



日本展開50周年を記念すると同時に、未来への懸け橋としての取り組みとなるこのストアでは、ロエベの革職人が常駐し、ロエベの革製品の補修、メンテナンス、クリーニングを行います。ストラップやチャーム、スタッズ、イニシャル刻印によるパーソナライズサービスも提供し、同店限定の製品も展開予定。私も、お気に入りのレザーアイテムをメンテナンスに出しながら、この先も長く愛用していきたいと思っています。

LOEWE ReCraft(ロエベ リクラフト)
大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店8階
営業時間 10時~20時
電話 06-6361-0237

●お問い合わせ
ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)
電話 03-6215-6116

おおさわ千春/Chiharu Osawa

スタイリスト。
雑誌のほか、映画の衣装デザインや女優のスタイリングなどを幅広く手掛ける。着る人に合わせた的確なスタイリングやアドバイスは、多くの女優からも信頼を得ている。




「迷い世代の服選び」記事一覧>>
表示価格はすべて税込みです。 撮影/大見謝星斗 編集協力/湯澤実和子
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 24

他の星座を見る