• TOP
  • 国内
  • 加賀の古民家カフェギャラリーで、木地師・田中瑛子さんの仕事を見る

国内

加賀の古民家カフェギャラリーで、木地師・田中瑛子さんの仕事を見る

2023.06.26

  • facebook
  • line
  • twitter

石川 富山 福井「北陸」三都物語 第8回(全23回) 2024年に新幹線でつながる北陸3県は、その地の文化を発信する新たなスポットが次々と誕生し、今、最も注目を集めるエリアです。アート、伝統工芸、日本酒や美食処など、魅力溢れる夏の北陸をご案内します。前回の記事はこちら>>

特別献立で使われた器の作り手を訪ねて


山中温泉「花紫」に家庭画報の特別献立プランが登場>>

田中 瑛子


ギャラリー&サロン漏刻「フゾン カガ カフェ&スタジオ」の2階にある紹介制のバーでは、田中さんの器で「新政」「而今」などの日本酒や、世界の酒が楽しめる。「紫雲英(しうんえい)」大11万円、小7万7000円。

古民家のギャラリーで女性木地師の仕事を見る


かつて大聖寺(だいしょうじ)藩の城下町として栄え、碁盤の目状の古い町割りが今も残る大聖寺の町並み。元魚市場だったという築70年余の木造家屋をカフェ兼工房にリノベーションし、木地を挽くろくろの機械を据えた田中瑛子さん。


工房はガラス張りのためカフェのテーブルから田中さんが木地を削る様子が見られます。田中さんは大学で漆芸を専攻後、山中の研修所と工房で7年間ろくろ技術を学びました。独立後は挽きから塗りまで1人で手がける造形作家としてアート作品も制作、海外にも活躍の場を広げています。

田中さんが使う木地は、ろくろで削るうちに魅力的な杢の表情が出てくる栃の木が主。「栃は、私の思う柔らかな曲線が出しやすい材です。削るうちに出てくる木の表情を何より大事にしています」。

木地に生漆(きうるし)を塗ると現れる金色と、赤と黒の色漆の組み合わせで、独自の世界を生み出しています。

さらに田中さんの作品世界に浸りたい人は「ギャラリー&サロン漏刻(ろうこく)」へ。2階建ての古民家を生かした空間で、ゆっくりと鑑賞できます。

ギャラリー&サロン漏刻「ギャラリー&サロン漏刻」1階広間のインスタレーション《烏合(うごう)》。割れ、欠けが出た椀木地を挽き直し、黒漆を塗り、伏せて並べた。

ギャラリー&サロン漏刻カフェ内に設けられた工房では、田中さんが木地を挽く様子を間近で見られる。

ギャラリー&サロン漏刻2階の床の間に掛けられた「ギャラリー&サロン漏刻」のメインアート作品「群梅」220万円。ろくろの技術に彫刻の要素を組み合わせ、梅の花が群れ咲く様子を表現している。

ギャラリー&サロン漏刻元庄屋宅だった豪壮な日本家屋を利用した「ギャラリー&サロン漏刻」の外観。

Information

フゾン カガ カフェ&スタジオ

石川県加賀市大聖寺魚町21

TEL 0761(75)7340
営業時間 12時~18時
定休日 木曜定休 不定休あり
  • 「ギャラリー&サロン漏刻」への訪問は事前に電話もしくはメール(info@fuzon.jp)で要問い合わせ。「家庭画報を見た」とひと言。
撮影/本誌・坂本正行 協力/石川県観光連盟 料理内容などは諸般の事情により変更になることがあります。掲載の料金には別途サービス料等がかかる場合があります。
『家庭画報』2023年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 28

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 28

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事