• TOP
  • ジュエリー
  • 産業革命とジュエリーの大衆化の始まり。庶民が身につけたジュエリーとは?

ジュエリー

産業革命とジュエリーの大衆化の始まり。庶民が身につけたジュエリーとは?

2023.05.09

  • facebook
  • line
  • twitter

これぞジュエリーの真髄 第5回(01) ジュエリーの大衆化と大英帝国 有川一三氏が主宰する「アルビオンアート」の歴史的な芸術品の数々を、宝石史研究家の山口 遼さんの解説でご紹介するジュエリー連載。第5回は、時代の変化に呼応して、大きく変わる輝きの世界を紐解きます。前回の記事はこちら>>

産業革命と大衆化の始まり


18世紀の末頃から19世紀にかけて、世界が大きく変化します。ジュエリーもまた、それに伴って変化します。それは庶民がジュエリーを使うようになったということです。

産業革命と呼ばれる革命が起き、英国では18世紀後半から蒸気機関の発明とともに、汽車、汽船が作られます。交通機関が生まれ、諸外国との交易が盛んになります。それにつれて、銀行、旅行会社、保険会社などが生まれます。

そうした新しい産業に従事したのは、すべて普通の庶民でした。そして彼らは裕福になります。王侯貴族だけではない、普通の人々が金持ちになったのです。新しく金持ちになった人がやることは、昔も今も変わりません。消費です。


ついに庶民がジュエリーを買う時代がやってきたのです。とはいえ、生活様式が根本から異なる庶民のジュエリーは、王侯貴族のそれとは異なります。しかしその数は膨大でした。

ジュエリーだけでなく、服装や食事などもそうですが、新しい消費者が新しいことをする時、自分たちよりも上の階級の人々を模倣します。ただし、微妙に違いが出てきます。

ピンクトパーズのドミ・パリュール

1.ピンクトパーズのドミ・パリュール
製作年代:1821年頃
製作国:イギリス


1の見事なピンクトパーズのパリュールを見てください。これまでのパリュールと何が違うか、お分かりですか? ティアラがありません。ティアラは貴族階級の人々が正式の場で使うもので、庶民には無用なのです。

もう一つ、大衆化の特徴は、デザインが非常に分かりやすい、身近な日常のものとなることです。

エナメルとダイヤモンドのロケットペンダント

2.エナメルとダイヤモンドのロケットペンダント
製作年代:1860年頃
製作国:イギリス(推定)


18世紀 ダブルハート リング

3.18世紀 ダブルハート リング
製作年代:18世紀
製作国:未詳


ネックレス2と指輪3は、どちらもハートモチーフです。ネックレスはブルーのエナメルを施したハートが左右に開き、思い出の品物を入れるようになっています。必ずしも恋愛の思い出とは限らない、形見入れの場合もあるのがこの時代です。指輪はダブルハートと呼ばれるもので、二つのハートがくっつき、その上に王冠が載っていますが、これは二人の愛が実ったことを示します。

カンティーユ細工のペアのバタフライブローチ

4.カンティーユ細工のペアのバタフライブローチ
製作年代:1830年頃
製作国:イギリス


4は蝶々。カンティーユと呼ばれる金線細工を用いて色石を使った、実にきれいな作品です。

蜂のブローチ

5.蜂のブローチ
製作年代:1880年頃
製作国:イギリス(推定)


5の蜂もダイヤモンドをびっしりと埋め込んでいます。

ダイヤモンドのスプレイブローチ

6.ダイヤモンドのスプレイブローチ
製作年代:1850年頃
製作国:イギリス


植物もあります。ダイヤモンドを埋め込んだ花のスプレイブローチ6です。

分かりやすいデザインといえば、リボンもそう。

18世紀のペアのボウノットブローチ

7.18世紀のペアのボウノットブローチ
製作年代:1760年頃
製作国:イギリス


7はダイヤモンドとエメラルドを使い、地金も金と銀を使い分けた精緻な作りです。

花のバスケットのプレゼンテーション・ジュエリー

8.花のバスケットのプレゼンテーション・ジュエリー
製作年代:1770年頃
製作国:イギリス


8は白い手が花籠を持っているブローチ。なんとも楽しく、思わず欲しくなりませんか。

こうしてご覧いただくと、このジョージアン、ヴィクトリアンと呼ばれる時代に、王侯貴族ではない一般の人々が買ったジュエリーは、それまでのものと明らかに違うことがお分かりになると思います。王様がダブルハートの指輪を女王に贈るなど、あまり想像できませんよね。

決して、途方もない宝石を使ったり、すごい細工をしたりしてはいませんが、買う人の数が爆発的に増え、それに見合うジュエリーが作られた時代です。むしろ今の私たちには、こちらの方が自分の使いたいものとして、なじみがあるかなと思います。

これぞジュエリーの真髄

監修・文/山口 遼 撮影/栗本 光

『家庭画報』2023年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事