• TOP
  • アート
  • エロティックでしどけない姿は、まるで見る者を誘惑するかのよう〈LOUVREにはLOVEがある〉

アート

エロティックでしどけない姿は、まるで見る者を誘惑するかのよう〈LOUVREにはLOVEがある〉

2023.04.13

  • facebook
  • line
  • twitter

短期集中連載「ルーヴル美術館展 愛を描く」

2023年3月1日から東京の国立新美術館でスタートした「ルーヴル美術館展 愛を描く」。ルーヴル美術館に所蔵される膨大な作品の中から、16世紀から19世紀半ばまでに描かれた、愛をテーマにした73点の絵画が出展されています。パリ在住の美術展プロデューサー・今津京子さんに、知られざる愛の名画の秘密を教えていただきましょう。記事の最後には鑑賞券のプレゼントもあります。連載一覧はこちら>>

第9回
フランソワ・ブーシェ《褐色の髪のオダリスク》


フランソワ・ブーシェ《褐色の髪のオダリスク》

フランソワ・ブーシェ《褐色の髪のオダリスク》1745年 油彩・カンヴァス Photo (c) RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Tony Querrec / distributed by AMF-DNPartcom


昨日の作品と同じように女性が横たわる姿です。ただし、彼女はニンフのような架空の女性ではありません。実在するであろう女性がオダリスク――トルコのハーレムの女性として描かれています。

寝ている姿ではなく、しどけなくお尻を晒して我々を誘うようにこちらを見る姿は妙にエロティックで、覗き見るような気分にさせられる、密やかで個人的な作品です。カーテンやシーツの豊かなドレープの質感が、彼女の肌をより浮かび上がらせる鮮やかな対比も見事です。


『ルーヴル美術館展 愛を描く』




写真提供/日本テレビ放送網

西洋社会における様々な愛の概念が絵画芸術にどのように描出されてきたのか、ルーヴル美術館の膨大なコレクションから精選された73点の絵画を通して浮き彫りする。16世紀から19世紀半ばまで、ヨーロッパ各国の画家による作品から愛の表現の諸相を紐解く、かつてない趣向の展覧会。

東京展:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
会期:~2023年6月12日(月)
開館時間:10時~18時(金・土曜日は20時まで。入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般2100円/大学生1400円/高校生1000円
休館日:火曜(5月2日は開館)
お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/love_louvre/

京都展:京都市京セラ美術館
2023年6月27日(火)~9月24日(日)
※詳しい入館方法や最新情報は展覧会公式サイトでお確かめください。




【家庭画報.com会員限定】プレゼントのお知らせ



抽選で10名様に本展の鑑賞券をプレゼントします
応募には、家庭画報.comの会員登録(無料)が必要です。
未登録の方は〔ご応募はこちら〕ボタンから「新規会員登録」へお進みください。
応募締め切り:2023年5月5日(金)23:59まで

注意事項(必ずお読みください)
●当選の発表はプレゼント書籍の発送をもってかえさせていただきます。抽選結果に関するお問い合わせはお答えしかねます。
●住所不明・長期不在等で届かなかった場合は、当選を無効とさせていただきます。

応募ボタン



今津京子/Kyoko Imazu



撮影/小野裕次

美術展プロデューサー。パリをベースに、今回の「ルーヴル美術館展 愛を描く」、「ガブリエル・シャネル展 Manifeste de Mode」(2022年)、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」(2020年)、「モネ展」(2015年)など、40年にわたり数十を超える大型展覧会の企画に携わる。

日仏英の3か国語を操り、美術、ファッションなどの分野でジャーナリストとしても活動。音楽、演劇、料理、アンティークなどアール・ド・ヴィーヴルをこよなく愛する。
表示価格はすべて税込みです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 19

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 19

他の星座を見る