• TOP
  • レストラン
  • 笹岡隆甫さん(華道「未生流笹岡」家元)の“最高レストラン”のひと皿は、「季節のうつろいを映す八寸」

レストラン

笹岡隆甫さん(華道「未生流笹岡」家元)の“最高レストラン”のひと皿は、「季節のうつろいを映す八寸」

2023.02.17

  • facebook
  • line
  • twitter

[完全保存版]私の最高レストラン66 第3回(全19回) 美味なる思い出は、人生の彩りとなります。家庭画報創刊66周年を記念し、小誌ゆかりの著名人の「人生の思い出に残る」美食処66軒を紹介します。前回の記事はこちら>>

人生の節目に美味が欲しい。私の最高レストラン&このひと皿


家庭画報ゆかりの著名人、著者のかたがたに「特別な思い出がある」あるいは「特別な日に訪ねたい」最高のレストランを挙げていただき、同時に愛する「このひと皿」を教えていただきました。

「弧玖(こきゅう)」
八寸


弧玖(こきゅう)


オープン時からのお客さまの笹岡隆甫さん(右)には刺激を受け、学ぶことが多いという前田 翔さん(左)。コースは年々料理や器を変え、ローストビーフが登場することも。

「季節のうつろいを映す八寸は生け花に通じる美しさ」(笹岡隆甫さん)


弧玖(こきゅう)

おいしさと美しさを兼ね備えた、五感に訴えかける料理が人気の和食店。なかでも八寸は特別。写真は早春の景色を思わせる八寸(2人分)。りんごの白あえ、山ごぼうの醬油漬け、なまこのこのわたあえ、ふぐ白子の吉野あんかけ、からすみ大根、かにみそ、あん肝が白梅とぼんぼりの灯火とともに供される。

華道家元が認める四季の表現
笹岡隆甫さん(華道「未生流笹岡」家元)推薦


2015年秋の開業以来、多くの美食家が四季折々の味わいを求めて通う料理店「弧玖(こきゅう)」。

「これぞ日本料理と思わせてくださるのが八寸。修業された名店『桜田』さんから受け継いだDNAを、新鮮な感性で美しく昇華させている。季節のうつろいが見事に表現されており、何よりおいしい」と絶賛する笹岡隆甫さん。

培った懐石の仕事をベースに感動を生む料理へのアプローチは日々進化し、「日本料理の本筋から逸脱しない、行きすぎないように心がけ、八寸は料理としても酒肴としても楽しんでいただけるように手間をかけ工夫を凝らしています」と話す、ご主人の前田 翔さん。

食したときの味の変化やお酒とのハーモニー、器との取り合わせに気を配り、新しい視点でとらえた料理を組み入れたコース構成にも注目したいところ。

「日本料理と生け花は通ずるものがあります。自然が生み出す走り、盛り、名残の素材によって組み立てられ、そのグラデーションが心を満たしてくれます。前田さんのお料理をいただくといつも幸せになります」(笹岡さん)

Information

弧玖(こきゅう)

京都市上京区出町通今出川上ル青龍町204

TEL 075(746)4375
営業時間 12時~、18時(入店)
定休日 月曜定休、不定休あり
  • 昼1万4000円(4月より)、夜3万円前後 要予約 カウンター8席、個室1室
撮影/内藤貞保 取材・文/西村晶子
『家庭画報』2023年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 05 / 27

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事