• TOP
  • ファッション
  • フランスに新たに2つ誕生したルイ・ヴィトンの“文化を育む”アトリエ 

ファッション

フランスに新たに2つ誕生したルイ・ヴィトンの“文化を育む”アトリエ 

2023.01.23

  • facebook
  • line
  • twitter

世界中に愛されるその秘密 ルイ・ヴィトンのある暮らし 第6回(全14回) 旅にまつわるラゲージからその歴史を始めた「ルイ・ヴィトン」。その後、ファッション、ジュエリー、アートと、常に時代を牽引し、新しいライフスタイル “文化”を作り上げてきました。ルイ・ヴィトンが、なぜこれほど世界中の人々から愛され続けるのか。創業者の生誕200周年を迎え、さらなる進化を続けるその魅力を、パリ特別現地取材を含めご紹介します。前回の記事はこちら>>
アトリエは文化を育む場所

メゾンの生産性を高め、さらに雇用を生み地域活性化に貢献


2022年2月、LVMHグループ会長兼最高経営責任者ベルナール・アルノー氏、ブリュノ・ル・メール経済・財務・復興大臣の立ち会いのもと、ルイ・ヴィトンのフランスでの17、18番目となる2つのアトリエが幕開けしました。

アトリエは文化を育む場所左・ヴァンドーム修道院、右・ロラトワール。


アニエールから約180キロに位置するサントル・ヴァル・ド・ロワール圏に設立されたアトリエは、どちらも厳選されたエキゾチックレザー製品を製作しています。

サステナブルに特化した「ロラトワール」


ルイヴィトンのアトリエ「ロラトワール」建築の鉄骨は100パーセントリサイクル金属を使用するなど、エコデザインのアトリエ。エネルギーの大半を補う2000平方メートルの太陽光発電パネルを設置しているほか、アトリエの中で最もエネルギー効率がいい。

周囲の森の名前から名づけられたアトリエ「ロラトワール」は、バイオクライマティックデザインで自然環境を考慮に入れた建物で、フランス初のサステナブルな産業建築物です。

ルイヴィトンのアトリエ「ロラトワール」自然光の入る大きな窓がある作業スペース。快適な作業環境を目指している。

ルイヴィトンのアトリエ「ロラトワール」働く人々に対して研修も充実しているため、全員が高い技術を有する

歴史的建造物を改築「ヴァンドーム修道院」


歴史的建造物を改築「ヴァンドーム修道院」要塞だったヴァンドーム城跡公園から見たヴァンドームの町。写真中央の広場前の美しいファサードの建物にアトリエがある。

また一方の「ヴァンドーム修道院」アトリエは、町に残る歴史的建造物の保存を責任を持って引き受け、フランス文化省歴史的記念物局の監督のもと改修工事を行い、ただのワークスペースではないアトリエを実現しました。

公共職業安定所との連携のもとに人材を雇用し、革専門技術を習得するための研修等も実施。メゾンのクラフツマンシップの伝統や文化を継承する、未来の担い手を育成することにも力を入れています。

歴史的建造物を改築「ヴァンドーム修道院」「カプシーヌ」の仕上げに集中する職人。

歴史的建造物を改築「ヴァンドーム修道院」アーカイブ製品が展示されているコーナー。中央は1877年に初めてエキゾチックレザーを使った旅行鞄。19世紀の交通産業の発展で旅行鞄がコンパクトになったことがわかる。
取材・撮影協力/ルイ・ヴィトン 撮影/武田正彦 取材・文/下田あゆみ
『家庭画報』2023年2月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 23

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 23

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事