• TOP
  • アート
  • 名作ドラマの原点が見える、脚本家・倉本聰さんの自伝エッセイ『破れ星、流れた』

アート

名作ドラマの原点が見える、脚本家・倉本聰さんの自伝エッセイ『破れ星、流れた』

2022.11.28

  • facebook
  • line
  • twitter

〔今月の本/戦前・戦中・戦後の記〕

『破れ星、流れた』


破れ星、流れた

装幀/水戸部 功

倉本聰 著/幻冬舎


柔道に打ち込み、外ではケンカも辞さず、筋金入りのクリスチャンで、俳句に耽溺したという父の思い出話から始まる、脚本家・倉本聰(本名・山谷 馨)さんの自伝エッセイ。

のどかな武蔵野の面影を残す東京・善福寺で過ごした戦前の子ども時代から、家族が離散し、自身は岡山に疎開した戦中のこと、戦後、焼け野原の東京での小学6年生から浪人、東京大学入学と続く学生時代、破天荒なニッポン放送時代、そして脚本家としての独立までが描かれる。数々の名作ドラマの原点を垣間見ることができる。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>
『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事