• TOP
  • アート
  • 瀬戸内寂聴さんの言葉をふたたび。「寂庵だより」掲載の30年分の随想が3冊の本に

アート

瀬戸内寂聴さんの言葉をふたたび。「寂庵だより」掲載の30年分の随想が3冊の本に

2022.09.09

  • facebook
  • line
  • twitter

〔今月の本/30年分の随想〕

[寂庵だよりシリーズ]全3冊
『遺す言葉』『今日を楽しく生きる』『捨てることから始まる』


寂庵だよりシリーズ

カバー作品/石本藤雄 写真/原田智香子・与田弘志 ブックデザイン/鈴木成一デザイン室


瀬戸内寂聴 著/祥伝社

家庭画報本誌に度々登場された瀬戸内寂聴さんが亡くなったのは、2021年11月のこと。この3冊は、自ら編集長を務め、1987年2月から2017年まで366号刊行された冊子「寂庵だより」掲載の随想をまとめたもの。『遺す言葉』は2017~2008年、『今日を楽しく生きる』は2007~1998年、『捨てることから始まる』は1997~1987年分を収録。

「#今月の本」の記事をもっと見る>>
『家庭画報』2022年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事