• TOP
  • 健康
  • 更年期以降の人生を健やかに過ごすには、“骨・筋肉・血流”の三本柱が大切です

健康

更年期以降の人生を健やかに過ごすには、“骨・筋肉・血流”の三本柱が大切です

2022.08.17

  • facebook
  • line
  • twitter

天野惠子先生のすこやか女性外来 第4回(01) 更年期を境に“守り神”のエストロゲンを失っていく女性の体は、急速に変わっていきます。なかでも骨量と筋肉量が減り血管が衰えていく変化は、すこやかな加齢を妨げる最大の要因に。“骨と筋肉と血流”の健康を保つことの大切さを知り、日々の生活を見直しましょう。

更年期以降の新たなステージをどう過ごすか
女性の元気を支える“骨・筋肉・血流”の三本柱


天野惠子(あまの・けいこ)先生
天野惠子先生

静風荘病院特別顧問、日本性差医学・医療学会理事、NPO法人性差医療情報ネットワーク理事長。1942年生まれ。1967年東京大学医学部卒業。専門は循環器内科。東京大学講師、東京水産大学(現・東京海洋大学)教授を経て、2002年千葉県立東金病院副院長兼千葉県衛生研究所所長。2009年より静風荘病院にて女性外来を開始。

健康診断の結果に表れる体の中の確実な変化
「足腰を鍛え、血管を若々しく保つ──。すこやかなエイジングを叶えるための基本です」── 天野惠子先生


最近、健康診断の結果に驚いたことはありませんか? それまでまったく問題のなかった血圧値やコレステロール値、血糖値が上がってきて生活習慣病が身近に感じられたり、久しぶりに骨量を計ったら平均値を下回っていたり。

あるいは同世代の友人が骨折した、自分でもつまずくことが増えたなど、足腰の衰えが気になりだすのも50代だといえます。

これらはみな女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少したことによるエイジング(加齢)現象。更年期を境に、女性の体は新たなステージに進みます。

今後は、健康の守り神だったエストロゲンの代わりに、病気や骨折のリスクから自分で自分を守ることが今まで以上に重要になってきます。

三本柱を意識する毎日が未来の元気につながる


できるだけ長く自分の足で歩き、脳や心臓の病気にかからず、頭もしっかりしていたい──。この願いを叶えるには何に気をつけたらよいのでしょうか。

それは骨と筋肉の量、そして血管の若さを保つこと。動ける体を支えるのは丈夫な骨と筋肉で、脳や心臓の病気の要因となる動脈硬化を防ぐのはスムーズな血流。それらの健康を維持することは認知症の予防にもつながるといえます。

20年後、30年後、さらにその先の元気のために、今日から“骨と筋肉と血流”の健康を意識する生活を心がけましょう。

次回は、動ける体の要「骨と筋肉」について詳しくご紹介していきます




*NPO法人性差医療情報ネットワーク「女性外来マップ」では、女性外来を開設している医療機関(2018年現在約300か所)のリストを公開。
URL:http://www.nahw.or.jp/hospital-info

*「女性外来オンライン」(天野惠子先生主宰)では、天野先生ご自身が厳選した女性の健康の回復や維持に役立つ信頼性の高い情報を発信しています。

公式サイト「女性外来オンライン」:https://joseigairai.online/

YouTube「女性外来オンラインチャンネル」はこちら>>

天野惠子先生のすこやか女性外来

1「更年期は女性の体の“変化のはじまり”」
1−1 更年期と“その後”の元気のために、体の変化を知りましょう
1−2 女性の健康の守り神・エストロゲンがゼロになったら、生活習慣で補いましょう
1−3 更年期の不調や病気予防に! 女性医療の先駆者が教える生活習慣の「基本5か条」
1−4 女性外来を訪ねて「伊豆美レディスクリニック」

2「だるさ、頭痛、冷え、動悸も。更年期の不調は全身に」
2-1 10年間、我慢するのはもったいない。自分に合う対処法を見つけましょう
2-2 更年期の症状が全身に出るのはなぜ? 訴えの多い10の不調と対処法
2-3 更年期症状の程度を知り、適切な対処法を。専門医も使う簡易テストでセルフチェック!
2-4 女性外来を訪ねて「春日クリニック」

3「不眠、イライラ、うつ、思考力低下。更年期は心も脳も不安定」
3-1 不眠、イライラ、うつ、思考力低下…。更年期のメンタルの不調を正しく知ろう
3-2 更年期のメンタルヘルスを左右する3つの物質とは。減少すると起こる不調は?
3-3 更年期のメンタルを改善するには? 症状に応じた漢方薬や生活習慣の見直しを
3-4 女性外来を訪ねて「こころとからだの杉本クリニック」

4「女性の元気を支える“骨・筋肉・血流”の三本柱」
4-1 更年期以降の人生を健やかに過ごすには、“骨・筋肉・血流”の三本柱が大切です
4-2 動ける体の要「骨と筋肉」(8/24公開予定)
4-3 脳と心臓の健康を保つカギは「血流」(8/31公開予定)
4-4 女性外来を訪ねて「和歌山ろうさい病院 女性専門外来」(9/7公開予定)
撮影/鍋島徳恭 取材・文/浅原須美

『家庭画報』2022年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 13

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事