• TOP
  • レストラン
  • 長崎、美食の旅の目的地。旅人の心に響く一皿「ヴィッラ・デル・ニード」(雲仙市)

レストラン

長崎、美食の旅の目的地。旅人の心に響く一皿「ヴィッラ・デル・ニード」(雲仙市)

2022.08.17

  • facebook
  • line
  • twitter

次の九州は“美味しい”を訪ねて 第3回(全23回) 佐賀県と長崎県は2022年9月に西九州新幹線の開業を控え、旅の目的地として再び注目が集まっています。今回は新幹線が走るエリアを軸に「美味しい」をキーワードに探訪しました。前回の記事はこちら>>

ヴィッラ・デル・ニード (国見町)


雲仙・島原 「本物印」のテロワールを味わう

「生魚・羊」。きじはたに麴で1年発酵させたじゃがいものペースト、同じく麴で発酵させた羊肉のエキスを合わせ、大根を重ねた。にらのオイルや、パクチーの種と水菜のパウダーが香りで全体を引き締める。自家製の発酵調味料も含めて、今ここにある空気、水、海と大地の恵みで料理する姿勢を表した一品。野菜は雲仙の「竹田かたつむり農園」からのものが多い。

雲仙・島原「本物印」のテロワールを味わう


ここ数年、島原半島では美食家たちが旅の目的地として遠方から足を運ぶ、瑞々しい才能が活躍するレストランが話題になっています。


「ヴィッラ・デル・ニード」もその一軒に数えられるレストラン。島原半島の北部、のどかな田園の風景が広がる雲仙市国見町は、オーナーシェフ吉田貴文さんの故郷です。

雲仙・島原 「本物印」のテロワールを味わう吉田貴文シェフご夫妻。二人三脚でレストランを営む。

地元の恵みで紡ぐ、洗練のひと皿


「大学卒業後に警察官を目指していましたが、縁あって料理の道に進みました。福岡での開業を考えていたところ、準備の時期にお世話になった海辺のカフェで働く知人たちが、目の前の海を大事にする姿を見てこれだ!と思って。料理の勉強で滞在したイタリア・ピエモンテの人々もそうであったように、自分の生まれ育った場所でできること、あるがままを料理で表現しようと決心しました」と吉田さん。

木目の壁に、額縁のように切り取られた窓から見える庭の木々たち、パリッとした清々しい白いテーブルクロス。吉田さん曰く、「徐々に削ぎ落としたらこうなりました」というシンプルな空間に、昼・夜それぞれ3組のゲストを迎えています。

料理のほとんどが、吟味を重ねた地元の食材と自家製のいくつもの発酵調味料を組み合わせ、何度も試行錯誤をした末に生まれたものだといいます。

一皿ごとに熱き思いはあるものの、吉田さんは多くを語らず、食べる側の想像力にゆだねます。静かに旅路の景色を思い浮かべながら料理と向き合う時間、そして料理の穏やかな味わいは、旅人にとって心に響くものがあります。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

Information

ヴィッラ・デル・ニード

長崎県雲仙市国見町多比良甲313-2

TEL 0957(73)9713(連絡は15時~17時がベター)
営業時間 12時~、19時~(一斉スタート)
定休日 火曜・水曜定休
  • 昼夜ともにコース1万4300円 要予約
撮影/本誌・坂本正行 取材協力/長崎県 九州観光機構 九州旅客鉄道
『家庭画報』2022年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 17

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 04 / 17

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事