• TOP
  • 美味手帖
  • 「虎屋菓寮」華やかにグレードアップした贅沢なあんみつを、くつろぎの空間で

美味手帖

「虎屋菓寮」華やかにグレードアップした贅沢なあんみつを、くつろぎの空間で

2022.07.26

  • facebook
  • line
  • twitter

極上のあんみつ 第6回(全16回) 涼をもたらす見た目に、体に沁みる優しい甘さ。盛夏にぴったりの大人の甘味をお届けします。前回の記事はこちら>>

虎屋菓寮


虎屋菓寮

くつろぎ空間の贅沢あんみつ


カジュアルな甘味のおいしさをゴージャスに、華やかに、グレードアップした贅沢なあんみつ。落ち着いた空間でいただく大人の甘味で至福の時間を。

力強い餡が主役の名店の味


創業から約500年。和菓子の文化を伝えてきた名店に、江戸の甘味・あんみつが登場したのは1970年代といわれています。以来、「とらや」の喫茶メニューに欠かせない存在になりました。


あんみつの主役はもちろん、自慢のこし餡です。北海道産あずきを使った餡は、豆の風味を生かし、しっかり甘く、後味のキレのよさが見事。この主役を楽しむために、天草から作る自家製の寒天のほか、色寒天や水羊羹、琥珀羹、粟羊羹が、ガラスの器の中できらきら輝き、求肥や赤えんどう豆、黒豆、青梅の甘露煮などもちりばめられています。

季節ごとに形が変わりますが、2022年の夏は、干支と店名にちなみ、虎と笹の形の色寒天が華を添えています。

それぞれの味をつないでくれるのが、西表島産の黒糖で作った黒蜜。赤坂御用地の豊かな緑を眺められる開放的な空間で、贅沢な味と時間をどうぞ。

虎屋菓寮1人でもくつろげる窓際のカウンター席や、気持ちのよいテラス席、テーブル席や半個室席も。

Information

虎屋菓寮

東京都港区赤坂4-9-22

TEL 03(3408)2331
営業時間 11時〜18時LO(土日祝〜17時LO)
定休日 毎月6日定休(12月を除く)
  • あんみつ1540円
撮影/南都礼子 取材・文/北村美香
『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 02 / 25

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事