カルチャー&ホビー

「世界は色彩に満ちている」。画家・千住博さんがコロナ禍で感じたこと

2022.07.04

  • facebook
  • line
  • twitter

新しい世界の生き方 7月・世界に溢れる命

世界に溢れる命

文=千住博(画家)

コロナ禍で自宅に閉じこもって、窓の外ばかり見る日々が続いた。冬景色に閉塞感が重なる。ふと目を向けた庭に、新しくピンクの花が咲いていた。


世界は止まってはいなかった、と心が動く。考えれば当たり前のことだったが、私達にはもう春はしばらく来ないかもしれない、とまで思っていたから。

そして景色は花から様々な濃さの新緑に移り変わり、青い空には雲が広がり、夏が来た。万葉は多彩な赤や黄色に色づいて季節はめぐり、やがて真っ白い雪が降り、また春になり蕾は開く。

世界が移り変わる多様な命に満ちていることに、今更ながら感動した。地球は生きている。世界は色彩に満ちている。これが何万年も続き、人類は最悪と思えた時期をいくつも乗り越えて来たのだ。

色彩に満ちた命溢れる世界で、人だけが滅びるわけにはいかない、と思った。
『家庭画報』2022年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 24

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 24

他の星座を見る