• TOP
  • 美容
  • つらい経験やトラウマを乗り越えるには? 人に話す、書くことの効力

美容

つらい経験やトラウマを乗り越えるには? 人に話す、書くことの効力

2021.09.09

  • facebook
  • line
  • twitter

川野医師の診察室から


*実際の症例をもとに内容を変更して掲載しています。


【ケース・1】
強風の夜はひどく不安で、決まって悪夢にうなされる。ある日、フラッシュバックが



→子どもの頃の怖い体験が、トラウマに。瞑想で正常な記憶に修正された

A子さん(52歳)は、ある台風の夜に突然、幼い頃の記憶がフラッシュバックして極度の不安に襲われ、恐怖で意識が遠のくような感覚を経験しました。

お話を伺うと「一人暮らしを始めた20代の頃から、なぜか風の強い夜はひどく不安で悪夢にうなされるようになりました。でも、あのような正気を失いそうになるほどの恐怖感は初めてです」とのこと。少量の抗不安薬(安定剤)を処方し、様子を注意深く観察しながらグラウンディング瞑想やカームイメージ瞑想を行っていただきました。

2年ほどして心が安定してくると、A子さんは当時の記憶を具体的に話し始めました。「5歳の頃、風の強い夜中に目を覚ましたら突然裏口から泥棒が入ってきたのです。叫び声をあげると男は驚いて逃げ、事なきを得ました」。

長い間、心の奥に埋没していたトラウマ記憶が、台風を引き金にまるで今ここで起きているかのように突然甦ったのでした。体験を人に語れるようになったことから、過去の事実として処理できるエピソード記憶に修正されたと見受けられました。フラッシュバックもほとんど出なくなり、治療は終了しました。




【ケース・2】
鳴りやまないクレーム電話。慣れない対応で落ち込み軽度のうつ状態になった


→マインドフルリスニングで対応。相手の怒りが治まり、自分も疲れなくなった

自社製の化粧品でトラブルが生じ、クレーム電話の対応に追われていたB子さん(45歳)。一生懸命謝っても怒りが治まらないことが多くて落ち込み、うつを自覚して受診されました。

お話を伺うと、相手のネガティブな感情を受け止めきれず、自分が非難されていると感じてしまうようです。そこで抗うつ薬の治療と並行してマインドフルリスニング(次回ご紹介)の手法を学んでいただきました。

2か月後、「相手の話をよく聞いて、こういうことで気分を害されたのですねと要約してから謝ると、不思議と怒りを治めてくださるのです。何より私自身が疲れなくなりました」とのこと。

商品の欠陥へのクレームに対応するのが私の仕事、と客観的事実を踏まえて対応することでネガティブな感情に飲み込まれなくなったのです。




川野泰周(かわの・たいしゅう)さん


臨済宗建長寺派林香寺住職、精神科・心療内科医、RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。1980年生まれ。慶應義塾大学医学部医学科卒業。精神科医療に従事した後、3年半の禅修行を経て2014年より実家の横浜・林香寺の住職となる。寺務と精神科診療の傍ら、講演活動などを通してマインドフルネスの普及と発展に力を注いでいる。著書に『人生がうまくいく人の自己肯定感』(三笠書房)ほか。公式ウェブサイト https://thkawano.website/
「寺子屋ブッダ」https://www.tera-buddha.net/

幸せ力を高めるマインドフルネス

01.1日10分の呼吸瞑想を習慣に“自分のための時間”を意識して持ちましょう

02.苦手意識は心のクセから生じる。気づきと“切り替える力”で、思い込みは変えられます

03.5人に1人が当てはまるHSP(繊細すぎる人)。人より鋭敏な感覚は、“能力”でもあるのです

04.イライラを抑え続けて脳が疲れていませんか? マインドフルネスで感情をしなやかに

05.日常生活の中ですぐに実践できる、歩く瞑想・走る瞑想を試してみませんか

06.過剰適応してしまう人も溶け込めない人も環境の変化は成長のチャンス。“ぶれない心”を育みましょう

07.不安やイライラを和らげる。大人も子どもも気軽にできる瞑想法をご紹介

08.居場所を替えれば、気持ちも切り替わる。非日常で行う“リトリート”。人は自然の中で回復していく

09.身近な自然の中でマインドフルに過ごす方法と、家の中でできるリトリートの工夫をご紹介

10.“ここ一番”のがんばりどきに 緊張からリラックスへ。集中力を高めるスキル

11.緊張をほぐし、気持ちを切り替える瞑想法を実践! 川野泰周さんの動画解説も

12.消そうとするほど逆効果。「不安」は居場所を作れば怖くない

13.今すぐできる、咄嗟の不安を軽く感じさせる心のテクニック

14.つらい経験やトラウマを乗り越えるには? 人に話す、書くことの効力
取材・文/浅原須美 撮影(川野さん)/鍋島徳恭

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 16

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 07 / 16

他の星座を見る