• TOP
  • 美容
  • 骨粗しょう症の予防に、もっとも簡単な方法は「日常的に天然水を飲むこと」です

美容

骨粗しょう症の予防に、もっとも簡単な方法は「日常的に天然水を飲むこと」です

2021.06.05

  • facebook
  • line
  • twitter

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

【お悩み】骨粗しょう症を予防したい


将来、骨粗しょう症になるのを防ぐために、カルシウムの多い食品を食べていますが、ほかに有効な方法はありますか?

【回答】水を変えるのがもっとも簡単な方法です


骨粗しょう症の予防には「日常的に天然水を飲むこと」がおすすめなのだそうです。


感染免疫学者で医学博士の藤田紘一郎先生の著書『腸で変わる! 病気にならない、50代からの生活習慣』より紹介します。

カルシウムの多い天然水で丈夫な血管を作る

「今まで50年近く、世界各国を巡って熱帯病や腸内細菌の研究を続けてきましたが、それと同時に各地の水も調査してきました。その中でも、水の重要さを改めて考えさせられたのが、ヒマラヤ山脈の高原地帯に住む、フンザ族の人たちでした。そこは100歳以上の長寿者が多く住む集落でした。

現地の人に詳しく話を聞くうちに、毎日飲む水“フンザの水”に秘密があることがわかりました。標高7000m以上の山々に流れる水は、厚い岩盤を通り抜け、自然濾過されているため、カルシウムや鉄などミネラル含有量が多く、硬度の高い水だったのです。私はその中でもカルシウムの豊富さに目をつけました」(藤田先生)

私たちの体液の中には微量なカルシウムが含有され、血液の凝固を助け、筋肉の収縮を促し、酵素を活性化させます。

体液のカルシウムは生命維持のために欠かせません。心臓や脳、その他の臓器が正常に動くのは、血液中のカルシウム濃度がいつも一定に保たれているからです。

天然水に含まれるカルシウムは吸収されやすい

しかし、血液中のカルシウムが減少すると、この情報は副甲状腺に伝えられ、ただちに副甲状腺ホルモンが分泌されます。そうすると副甲状腺ホルモンは骨からカルシウムを取り出し、血液中の濃度を一定に保とうとします。

これは素晴らしい仕組みではありますが、怖いのは慢性的なカルシウム不足になると骨から溶け出て血中に増えたカルシウムが脳や血管に沈着する原因となることです。

結果、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞の発症の引き金になってしまうのです。また、骨からカルシウムが溶け出すため骨粗しょう症を引き起こしてしまいます。

天然水に含まれるカルシウムはイオン化されているため、体内へ吸収されやすいのです。50歳を過ぎたら日常的に天然水を飲むことを、ぜひ習慣化してみてください。

藤田紘一郎/Koichiro Fujita

東京医科歯科大学名誉教授。感染免疫学者。医学博士。1939年旧満州生まれ、三重県育ち。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院修了。金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学大学院教授を歴任。




イラスト/umao 編集協力/山岸美夕紀
質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。
  • facebook
  • line
  • twitter

12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 19

他の星座を見る

Keyword

注目キーワード

Pick up

注目記事
12星座占い今日のわたし

全体ランキング&仕事、お金、愛情…
今日のあなたの運勢は?

2024 / 06 / 19

他の星座を見る