2017/08/03

海外はキッズフレンドリー、子連れ旅だからこそ楽しいんです。

170803_rin_tit.jpg

こんにちは。料理研究家のりんひろこです。

今回は、3歳の娘と7か月の息子を連れ、2か月かけて、アメリカ、ヨーロッパ……全部で7か国、15か所の旅をしてきました。

そこで見てきた、世界の「オーガニックライフ」、それから美味しいものや、珍しい食べものなどについて、こちらで紹介させていただきます。前回に引き続き、子連れでの海外旅行について、役立ったことや困ったことなどについてお話し させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

日本よりも数歩先行く、キッズフレンドリーな交通機関 

ヨーロッパはバスやトラム(路面電車)などの公共交通機関が発達している上、これらのほとんどが段差なし、またはあっても階段1段程度なのでベビーカーでも楽々と乗れます。そして車内には必ずといってよい程、ベビーカーや車いすの設置スペースがあります。例え人が立っていたとしてもベビーカーを見るなり、すぐに場所を譲ってくれます。

設置スペースにベビーカーを置き、付属の固定ベルトでベビーカーを固定すればベビーカーから手を離しても大丈夫。日本では考えられないくらいベビーカーでのお出かけが便利です。

また、ロンドンなどバス交通網が充実している都市では、電車で行くと駅に階段がある場合でも、少し遠回りしてバスで行けば楽に行き帰りができます。

170803_rin_01.jpg ロンドンのバスは2階建てで幅も広くゆったりしている上、ベビーカースペースがあるので、ベビーカーでも乗車しやすい。

170803_rin_02.jpg ストラスブールのトラム。段差がほとんどなくベビーカーでも乗りやすい。停留所も多く本数も多いので、近場の移動にも便利。

170803_rin_03.jpg スペインのバスにはベビーカー置き場にベルトがついていて固定できるので安全。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


和美人百貨店
9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー