2017/08/01

子連れの海外旅行での食事や宿泊先など、さて、どうするのが正解? 

170801_rin_tit.jpg

こんにちは。料理研究家のりんひろこです。

3歳の娘と7か月の息子を連れ、2か月かけて、アメリカ、ヨーロッパ……全部で7か国、15か所の旅をしてきました。 そこで見てきた、世界の「オーガニックライフ」、それから美味しいものや、珍しい食べものなどについて、こちらで紹介させていただきます。 今回は、子連れでの海外旅行について、役立ったことや困ったことなどについてお話しさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

170801_rin_01.jpg トットネスでのある日の夕食。地元の肉屋やファーマーズマーケットを回って美味しそうな食材を仕入れてくるのも旅の楽しみ。特にイギリスは牛肉が安くて美味しい。

170801_rin_10.jpg トットネスの週末のファーマーズマーケット。フレンドリーな店主とお客の会話が盛り上がる、コミュニケ―ティブなマーケット。

170801_rin_08.jpg サンセバスチャン旧市街のマーケット。

170801_rin_09.jpg 月~日まで日替わりで、野菜や、オーガニック衣類、雑貨、お花屋などのマーケットが開催される。

旅先での「食」事情……朝と夜はホテルで自炊

今回、幼い子供を連れて2か月間という長い旅行だったので、無理のないよう基本的に朝と夜はホテルで自炊するように心がけました。

幸い、どの街でもファーマーズマーケットが充実していたり、スーパーが夜遅くまでやっていたりするので、食材を買いに行くのも楽しみでした。高級レストランでは、ランチは子連れでOKでも、ディナーはNGというところもあるので、このランチのみ外食というスタイルは子連れ旅にぴったりでした。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー