• トップ > 
  •  > 
  • SPECIAL > 
  • GWに出かけたい「花の寺、花の社」~2. 長谷寺~

2017/04/20

GWに出かけたい「花の寺、花の社」~2. 長谷寺~

170420_tera_02.jpg 牡丹は改良が重ねられている。写真は椿の名を冠した人気品種の「八千代椿(やちよつばき)」。珍しいのは緑の花の「豆緑(とうろく)」。「初瀬の巒月(はつせのらんげつ)」は紅紫色の花で2000(平成12)年に長谷寺で生まれた品種。

170420_tera_03.jpg 江戸時代の牡丹の記録『長谷寺牡丹品種画帖』

江戸時代中期~後期に作られた画帖で、絵師や制作者は不明だが、一折りに1種の牡丹が描かれ、品種名を記している。全部で50種類の牡丹が描かれていて、今日では失われた品種もあり、また改良前の原初の花の形態を知るうえでも貴重な資料となっている。 通常は公開されていないが、年によっては長谷寺の「寺宝展」に出展されることもある。



長谷寺(はせでら)
奈良時代、686(朱鳥元)年創建の真言宗豊山派総本山。平安時代中期以降、観音霊場として信仰を集めた。観賞用の牡丹は長谷寺が初めといわれる。ぼたんまつり(4月中旬~5月上旬)、ぼたん献花祭(4月 中旬)も行われる。

住所:奈良県桜井市初瀬731‒1
TEL:0744-47-7001
拝観:8時30分~17時(10月・11月・3月は9時~17時、12月~2月は9時~16時30分、ぼたんまつり期間等延長あり
拝観料:500円
交通:近鉄大阪線長谷寺駅から徒歩15分
花ごよみ:4月下旬~5月上旬
URL:www.hasedera.or.jp/

・Vol.3 山間に咲く三葉つつじが美しい、京都の楞厳寺、神童寺>>


●『家庭画報』2014年5月号特別付録掲載
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

この記事は全2ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー