• トップ > 
  •  > 
  • SPECIAL > 
  • プライベート・ヴィラで、冬の沖縄を贅沢に満喫 「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」

2016/12/14

プライベート・ヴィラで、冬の沖縄を贅沢に満喫 「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」

大型ホテル中心だった沖縄リゾートが新しい展開を見せています。沖縄本島・読谷村の静かな宇座ビーチ沿いに今年3月にオープンした「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」は、部屋数全48室。すべて独立したヴィラタイプのホテルです。

沖縄本島のリゾートというと、空港から車で2時間近くかかる所が多いのですが、このホテルまでは、タクシーなら約1時間。アクセスのよさも高ポイントです。 開放感のあるレセプションに到着すると、目線の先には美しいプールと青い海が。その眺めに、一気に心がほぐれていくのを感じます。

161217_tr_01.jpg レセプション、レストラン、エステなどパブリックエリアの本館のみが2階建て。ヴィラはすべて平屋で、沖縄らしいオレンジの瓦が並ぶ様子は、まるで小さな集落のよう。
案内されてヴィラの門を抜けると、プライベートプールとビーチチェアが並ぶ明るいテラスが。この広々としたテラスを挟んで、リビング&ダイニングとベッド&バスルームに分かれている、なんとも贅沢な造りです。1ベッドルームでも88㎡という広さで、一番ラグジュアリーな4ベッドのプレジデンシャルヴィラは、テラス含め占有面積256㎡。まさに海外セレブリティの邸宅のよう。8人まで宿泊できるので、3世代家族や仲良しの友人との旅行など、通常のホテルとは異なる、プライベート感たっぷりのグループ旅行が楽しめます。

161217_tr_02.jpg 161217_tr_03.jpg プールを囲むように片側には写真のような明るいリビングルーム。続いてダイニングテーブルセットとキッチンがあります。キッチンにはカトラリー、大型冷蔵庫、洗濯機なども完備し、長期滞在にも対応。


161217_tr_05.jpg 向かい側にはシンプルで広々としたベッドルーム。ワンフロアでただ広いよりも、リビングとベッドルームを行ったりきたりすることで“おうち感覚”が高まり、“我が家”への愛着が時間がたつごとに高まってくるから不思議です。

161217_tr_04.jpg プレミアムヴィラのプールサイドにはジャグジーがあり、夜、星空を眺めながらのバスタイムは極上のひととき。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


京都イベント
ホテル
双葉

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年03月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

住宅企画
一休コラボ
バッグプレゼント
スパプレゼント
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー