• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 生活に根ざした日用品としての美しさ。現代の秋田「大館曲げわっぱ」

2017/08/17

生活に根ざした日用品としての美しさ。現代の秋田「大館曲げわっぱ」

都道府県のスペシャリテ
「秋田県」

経済産業大臣指定伝統的工芸品である、秋田県大館市の「大館曲げわっぱ」。江戸時代から伝わる、日本を代表する伝統工芸品です。原材料となる秋田杉の繊細な木目や特性を生かし、伝統工芸士が丹誠込めて作っています。杉の薄板を曲げて作るため、もともとは円筒形の商品がメインでしたが、近年ではおひつやお弁当箱だけでなく、コーヒーカップやお皿、花器など、ライフスタイルに彩りを添えるさまざまなアイテムが作られており、そのデザイン性も現代の暮らしに合わせ日々モダンにお洒落に進化しています。

c_170817_tr_06.jpg 秋田杉の杉林。耐陰性に優れ、日光の差し込みにくい山奥でも生長します。美しい木目と、清潔で芳しい香りが特徴。江戸時代、この豊かな資源に着目した城代が、工芸品作りを推奨したのが始まりといわれています。現在も地元の職人たちが一丸となって守り伝える高い技術は、次世代に続く宝物です。

c_170817_tr_04.jpg

c_170817_tr_03.jpg

c_170817_tr_05.jpg 製材した秋田杉を煮沸し、冷めぬうちに“ゴロ”という道具を使って曲げ、形を作って固定し乾燥、山桜の皮で編み留めて仕上げます。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年10月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー