• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 「愛媛を生産日本一に」。生産者の思いが詰まったブルーベリー

2017/06/13

「愛媛を生産日本一に」。生産者の思いが詰まったブルーベリー

都道府県のスペシャリテ
「愛媛県」

伊予柑や温州みかんなどの柑橘類から梅や栗まで、さまざまな果物の生産を誇るフルーツ王国・愛媛。一年を通して温暖で晴天の日が多い、恵まれたこの地で、近年盛んに生産量を増やし、「愛媛フルーツ」の一つとして新たに名を馳せているのがブルーベリーです。

c_170613_00.jpg 歯ごたえのある皮が実を包んでいるため、食感もよく、火を通しても実が崩れない。

愛媛では、主流の栽培方法である直接土に苗木を植える土耕栽培ではなく、一株一株を鉢で管理する鉢植え(バッグ)栽培が導入されています。この方法での生産を推奨し、愛媛県内でのブルーベリー生産の推進に尽力する「えひめブルーベリー出荷組合」理事長の田中昌俊さんは、「ブルーベリーの木は細い根で支えられており、水切れすると枯渇し、また少しでも水分が多すぎると根腐れするという非常にデリケートな性質を持っています。

c_170613_01.jpg 繊細な実を傷つけないように、一粒ずつ手作業で摘む。写真/ピクスタ

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


ドンペリニヨン
今森光彦傘
ホテル企画
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年07月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー