• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 魅力的な芸術文化を発信する「創造県おおいた」へ!

2017/04/21

魅力的な芸術文化を発信する「創造県おおいた」へ!

加えて、アートの拠点「大分県立美術館」もぜひ訪れたいスポット。坂 茂の設計による建物で、開放的な館内は、可動式の壁によって空間を自在に間仕切ることができ、展示室、カフェ、ミュージアムショップなどを催しに合わせて最適な配置に変えることができるというユニークなもの。訪れるたびに新鮮な印象を与えてくれます。

170418_tr_06.jpg ©Hiroyuki Hirai ひときわ目を引く建物全景。

企画展も常に話題を集めており、2017年4月15日(土)から6月11日(日)までは「何必館コレクション 北大路魯山人展 ―和の美を問う―」が開催され、陶・書・茶・花・食の5つをテーマに厳選された約100点の魯山人の作品が公開されます。ともに九州を代表する芸術文化の発信地として、温泉だけじゃない、大分の奥深い芸術文化の魅力を発信しています。

170418_tr_04.jpg 「何必館コレクション北大路魯山人展 ―和の美を問う―」[2017年4月15日(土)~6月11日(日)]から、北大路魯山人《つばき鉢》1938年 何必館・京都現代美術館蔵。

170418_tr_05.jpg ©Hiroyuki Hirai ミュージアムショップ

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


和光のバッグ
母の日キャンペーン
インスタ

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー