• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 日本海の鮮魚の味わい・山陰浜田「どんちっち・三魚」の干物

2017/01/17

日本海の鮮魚の味わい・山陰浜田「どんちっち・三魚」の干物

都道府県のスペシャリテ
「島根県」

島根県浜田市の「どんちっち・三魚」は、まるで新鮮な魚を食しているような味わいの干物です。三魚とは島根県沖で獲れる脂ののった真あじ、のどぐろ、笹がれいのこと。旨みの決め手となるあじの脂質含有量は一般のあじに比べ約2倍の10~13パーセント以上もあるそうです。「どんちっち」とは祭りの神楽の囃子を表現する幼児語で、転じて「石見神楽」を意味するようになったとか。「浜田市水産物ブランド化戦略会議」ではこのおいしい三魚を「どんちっち」としてブランド化、今では30社以上が取り扱い業者として認定されています。

170117_tr_01.jpg どんちっち・三魚。左上から時計回りにあじ、のどぐろ、笹がれい。あじは大きさにより1枚315〜476円。のどぐろ1枚619〜1190円。笹がれい1枚381〜571円。どんちっち・三魚のセット(各2枚ずつ)2528〜4167円。なお、のどぐろは赤むつとも呼ばれ、大きいものは1714〜4815円(2〜5人分)。1尾から発送。地方発送可、送料別。

170117_tr_02.jpg あじは「どんちっち」印のラベルの貼られたビニール袋に1枚ずつ入って冷凍の状態で発送される。

170117_tr_03.jpg これもおいしい釣りものの真いかの干物。1ぱい533円〜。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー