• トップ > 
  •  > 
  • LOCAL > 
  • 1500年の歴史を重ね、進化する伝統工芸「越前漆器」

2016/10/06

1500年の歴史を重ね、進化する伝統工芸「越前漆器」

都道府県のスペシャリテ
「福井県」

銀で描いた蒔絵の上から透き漆を塗り重ねることで、模様が黄金色に浮き上がって見える──越前漆器の伝統的な技法「白檀塗」。趣ある上品なつや、雅な美しさ……これぞニッポン、と謳いたくなる繊細美溢れる作品は、“漆イコールJAPAN”といわれてきた、この国が誇る漆工芸の素晴らしさを雄弁に物語ります。この「白檀塗」に、現代技術を取り入れて生まれたのが、写真の「アイフォンケース」。 161006_tr_01.jpg iPhone6/6s対応のカバーケース。ポリカーボネイト素材に銀彩を施し、職人が一つずつ漆を塗って仕上げた、ニュアンスあるつやの白檀塗。おめでたい吉祥文様で展開。簡単に装着でき、軽量。特に衝撃に強いわけではないので、落としたりぶつけたりしないよう注意が必要。右から、市松、青海波、七宝、各5000円。ほかに矢絣、結び桜、どっと(豆絞り)の計6パターン。

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年04月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

一休コラボ
家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー