2017/10/11

旬を愛でる花旅・庭めぐり(6)コキア〜茨城県・国営ひたち海浜公園

171011_kochiascoparia_tit.jpg
鮮やかな赤が地面を覆い尽くす幻想的な美しさ

ガーデニングエディターの高梨さゆみです。毎週更新の花と庭を愛でる旅情報、今週は山々の木々よりひと足先に、美しい紅葉が楽しめるコキアの名所をご紹介します。世界でも注目される幻想的な景色ですので、ぜひ旬を逃さずお出かけください。

山の紅葉が話題に上るのは11月に入ってから。温暖化の影響か、以前より紅葉の季節が遅くなっていますね。紅葉というと樹木を思い浮かべますが、一年草や宿根草などの、いわゆる草花にも美しく色づく種類があります。なかでもヒユ科の一年草、コキアの鮮やかな紅葉はよく知られています。コキアの名所はたくさんありますが、スケールの大きさでは、茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園が最大級ではないかと思います。

171011_kochiascoparia_01.jpg 国営ひたち海浜公園のコキアの紅葉。このスケールの大きさは感動もの。真っ赤に紅葉するのは10月中旬の7〜10日間のみ。写真提供/国営ひたち海浜公園

旬を愛でる花旅(6) コキア
〜茨城・国営ひたち海浜公園
国営ひたち海浜公園の開園面積は約200ヘクタール。ディズニーランドの約4倍もの面積があり、その中にある「みはらしの丘」には約3万2000株のコキアが植えられ、10月の中旬には燃えるような赤に染まります。

初めてその地を訪れたときには、目の前に広がる、鮮烈な赤の絨毯を敷き詰めたような景色の、あまりのインパクトの強さに息をのみ、言葉もでないほど感激しました。その景色が海外でも紹介され、「あり得ない美しさ!」「この世のものとは思えない!」などと絶賛され、最近では外国からわざわざ訪れる人も増えているそうです。

次ページ:時期によって色が変わるコキア

この記事は全3ページです。

あわせて読みたい


四季島
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー