2017/04/14

Vol.1 ついにヴェールを脱いだ、シェフ入魂の「NIPPON CUISINE」/星のや東京

その日いちばんおいしいものを、おいしい形で。食卓に登場するひと皿ひと皿は、日々、日本各地から届いた魚と浜田シェフが対峙して生み出された美味なる結晶なのです。 「わかめ」「赤むつ」「鮟鱇」「甘鯛と蕪」など、素材だけ書かれたメニュー。 どんなひと皿が登場するのか、わくわくする気持ちも料理へのおいしいスパイスの一つなのかもしれません。

hr_vol1_170302_3083.jpg 「鮟鱇」のすべてを使った、表情豊かなひと皿。最初は骨などから取ったスープでうまみを堪能、次に程よく火が通った身を味わい、最後は肝を溶いたコクのあるスープに生姜汁を落として。

hr_vol1_170302_3105.jpg パリパリに焼かれたうろこ、柚子の皮のフレークの香ばしさに、まず食欲をそそられる「甘鯛と蕪」。しっとりふくよかな甘鯛の身を、樽熟成した日本酒を使った芳醇なソースがさらに引き立てます。

香り、食感、思いがけない組み合わせなど、コースすべてに浜田シェフの感性があふれ出るコースは、あたかもエピソードが満載の映画のよう。 全10品(日によって替わります)のコースですが、魚介が主役なだけに、最後まですっとお箸も進みます。

この記事は全5ページです。

あわせて読みたい


星野リゾート
美容講座

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年06月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

家庭画報の旅
村田さん連載

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー