2017/07/05

蘇る山口百恵さんの名曲。三浦祐太朗さんがカバーアルバムリリース!

言葉とメロディの密接さを痛感し、母の歌い方を研究

レコーディングでは、歌い出しや言葉尻、ビブラート、息の量など、山口さんの歌い方を意識したといいます。

「なぜかというと、言葉とメロディがすごく密接なんですよ。少しでも歌い回しを変えると、言葉が全然入ってこなくなることを痛感しました。意識していても、たまに自分の癖が出てしまうんですよね。それを客観的に聴くと、今まで情景が浮かんでいたのに、とたんに伝わらなくなって。だから、母の音源を聴き込んで、母の歌い方みたいなものをすごく研究して歌いました」

言葉とメロディの密接さは、これまでも意識していたそうですが、「もっと音と言葉をちゃんとカップリングしなきゃダメだと思いました。この言葉を伝えたいからこのメロディなんだ、この言葉だからこのメロディが生きる。そのぴったりフィットしている感じに、今回気づけました」。

このことが今後の自身の音楽にもきっと影響するという三浦さん。10周年の節目に出すアルバムとして、とても大きな意味のある1枚になったようです。

170705_miura_05.jpg 三浦さんのライブは、40〜50代のお客様も多いそう。アルバム発売後、千葉、福岡、佐賀、大阪で発売記念ミニライブも開催されます。

この記事は全6ページです。

あわせて読みたい


9月号特集連動
住宅企画
山口遼ジュエリー連載
ななつ星
りんひろこ
フィギュア愛
星野リゾート

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年09月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー