2017/06/29

皆さんも作ってみませんか? フェルトで作る愛らしい「私だけの猫」 

170629_tkm_01.jpg この、愛らしい目でこちらを見つめる本物そっくりの猫を作ったのは、羊毛フェルト作家のHinali(ヒナリ)さん。

「もともと手芸が大好きでしたが、羊毛フェルトは6年前から。リアルな猫を作るようになったのは、友人が飼っていた高齢の猫をモデルに、『どうせならそっくりに』と頑張ったことがきっかけでした。飼い主にも猫にも喜ばれた気がして」と振り返ります。

170629_tkm_05.jpg Hinali(ヒナリ)さん
1976年生まれ。沖縄県出身。2011年に独学で羊毛フェルトを始める。著書に『うちのコにしたい! 羊毛フェルト猫のつくり方』(KADOKAWA)がある。https://www.hinalifelt.com


170629_tkm_02.jpg わた状の羊毛を専用のニードルで刺し固めて作る羊毛フェルトの人形は、裁縫のように型紙や針に糸を通すといった面倒な作業がないのでどなたでも始めやすく、想像したものを自由自在に、自分の感覚で作ることができます。

この記事は全4ページです。

あわせて読みたい


四季島
テンピュール
この人に会いたい
山口遼ジュエリー連載
フィギュア愛
星野リゾート
和美人百貨店

「家庭画報」本誌

家庭画報イメージ

家庭画報
2017年11月号



食 Restaurant&Food 食の記事をジャンル×場所で探す

今森光彦傘
マイクロコンテンツ
家庭画報の旅
村田さん連載
家庭画報の贈りもの

家庭画報編集長 秋山和輝 on Twitter

プレゼント当選者発表
  
食の学校
  
家庭画報アカデミー
  
セブンアカデミー