ホーム家庭画報最新号 > 没後400年に寄せて 徳川家康と二つの東照宮

最新号

没後400年に寄せて 徳川家康と二つの東照宮

  • 前へ

写真をクリックすると拡大します。

2015.03.25更新

【最新号】2015年5月号没後400年に寄せて 徳川家康と二つの東照宮

徳川家康を神様として祀る東照宮。かつては全国に500社以上もあったといわれますが、その頂点に立つのが栃木・日光の東照宮です。家康の遺言により二代将軍秀忠が創建し、三代家光によって築かれた壮麗な社殿群が今に伝わります。一方、日光に先駆けて、同じく遺言により最初に建てられたのが静岡・久能山(くのうざん)の東照宮。家康がこの二つの社に託したものは何だったのか。日光と久能山、二つの東照宮を追いました。

家庭画報を定期購読しませんか?送料無料、発売日にお届けします。

定期購読にお申し込みはこちら

家庭画報最新号

2015年5月号

家庭画報
2015年05月号
定価1,200円(本体1,111円)
購入する
定期購読する

目次を見る