ホーム > これまでの家庭画報 > 目次 2011年11月号 > 平泉・小笠原諸島 世界遺産 ダブル新登録記念 錦秋の世界遺産へ

これまでの家庭画報

平泉・小笠原諸島 世界遺産 ダブル新登録記念 錦秋の世界遺産へ

  • 前へ

写真をクリックすると拡大します。

2011.10.01更新

2011年11月号平泉・小笠原諸島 世界遺産 ダブル新登録記念 錦秋の世界遺産へ

今年6月、平泉と小笠原諸島が同時に世界遺産に登録されるという快挙を成し遂げました。
これで国内の世界遺産は16件。このうち、あなたはいくつの世界遺産を訪ねたことがありますか? 
今月号では、紅葉が美しい世界遺産11件をご紹介するとともに、国内の世界遺産全16件を完全網羅した綴じ込み付録『日本の世界遺産を歩く』が、あなたを世界遺産へ誘います。


【綴じ込み付録】
全国16件完全ガイド「日本の世界遺産を歩く」


■写真:本誌35頁
中尊寺経蔵 金色堂の隣に建つ経蔵は、金色堂と並ぶもう一つの至宝「中尊寺経」が納められていた場所。平安時代後期の古材を用いて再建されたもの。経蔵の前はイロハモミジの紅葉名所として知られる。

家庭画報を定期購読しませんか?送料無料、発売日にお届けします。

定期購読にお申し込みはこちら

家庭画報最新号

2015年1月号

家庭画報
2015年1月号
定価1,300円(本体1,204円)
購入する
定期購読する

目次を見る